FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2008.10.07 (Tue)

ノーベル賞に3人の日本人ニュースから

今日の夜、今年のノーベル物理学賞は3人の日本人というニュースが入ってきた。
小林誠名誉教授(64)と益川敏英京都大名誉教授(68)、米シカゴ大の南部陽一郎(87)の3氏。 そのうちの一人、南部陽一郎氏は、わが福井県出身。
自発的対称性の破れ、カラーによる強い力の解釈、ひも理論などいくつも重要な概念を提唱してきて、素粒子物理学への貢献が受賞理由という。

日本の物理学は、湯川秀樹、朝永振一郎らによって、日本から世界へ打ってでようとしていた矢先に,第二次世界大戦が勃発した。 研究は中断させられ,戦争が終わっても,とても落ち着いて研究できるような状況ではなかったが,学者たちは辛抱強く研究を続けたという。
同じ窮乏生活を学生として体験したという、南部陽一郎氏は87歳。

難しい内容はよくわからないが、連日、経済の先行き不安や暗いニュースばかりが報じられる中、
私たち日本人が大いに誇りを感じさせてもらえる、とても明るい、うれしい大ニュースだ。
小柴昌俊、田中耕一氏から6年ぶりの受賞になる。
6年前の小柴、田中両氏のときも 本当に日本中が喜びにわいた。

今年の夏聞いた、藤原正彦氏の講演で、
国土も狭く、資源も何もない、わが日本において、世界に生き残っていくためには、ダントツの頭脳、すなわち、学問や教育の重要性を説いていたが、まさにそうだと思う。 そして今回のノーベル賞受賞のような功績は、私たち日本人に、大きな誇りと勇気を与えてくれると思う。


先日、京都大学時計台記念館で開催された企画展、「アフリカ、南極、ヒマラヤ」を見学してきた。
京都大学には、湯川秀樹博士をはじめ、多くのノーベル賞受賞者を輩出している。 
京都大学は、歴史と伝統ある学問の一方、
自由と自主を重んじる学風のもと、フィールドワークという独特な研究スタイルによって「探検大学」の伝統も築き上げてきたようだ。

  展示1
                                    アフリカ探検の今西錦司
  展示2
                                    南極越冬の西堀栄三郎
  展示3
                                    チョゴリザ登頂の桑原武夫


今から半世紀前、1958年、最初のアフリカ探検で第一次ゴリラ学術調査をおこなった今西錦司。
(これは今日のチンパンジーの研究に続いている。)
同じ年、西堀栄三郎が率いる第一次南極越冬隊による初の観測。
(南極での機械の故障に、氷のボルトで応急処置、前進を続けたというエピソードには、さすがと恐れ入る。)
また桑原武夫が隊長をつとめた京都大学学士山岳会隊によるヒマラヤ・カラコルムのチョゴリザ初登頂の成功。 そのどれらも、本などで私もいくらか知っている。
京都大学の先人たちの偉業をたたえると共に、これからの新たな学問の領域の創出の出発点としたい、とあった。
かねて、京都碩学の人として、職人Мとともに注目してきた3氏のなつかしい写真や記録など見学して、再び、記憶や学問への思いなどを またあらたにして帰ってきた。

私たち一般人には、なかなか敷居が高く感じてしまう京都大学の時計台記念館であるが、
京都大学博物館と並んで、一度は、訪ねて見学してきたいところ。 
多くの偉大な先人の業績が説明されていて、よくわかるところだと思う。

〈 時計台記念館には、オリジナルグッズ商品の中に、先人の知性や学問が象徴されるような、
  当社の丸メガネも一枚展示されています。 こちらは、オリジナル限定品としてのみ。 〉 

 丸メガネ
                                              
                                                    職人K

EDIT  |  23:33  |  学問  |  Top↑
 | BLOGTOP |