FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2008.07.29 (Tue)

各地で大雨

久しぶりの雨を浴びた松の葉
久しぶりの強い雨を浴びて、乱れる松葉(雌松)

連日のこれまでのカラカラ猛暑のつけを返すかのような、昨日のひどいどしゃぶりの大雨だった。
一気に気温も落ちて身体は少し楽になったが、それにしても、午前中は、福井、金沢、富山の北陸地方が、また 午後からは 滋賀、京都、神戸と近畿地方が、たった一日のわずかな時間の間に、
ひどい大雨に見舞われた。 川が氾濫して、家の中に泥水が入り込んでいる様子が ニュースで報道されているのを見ると、ついこの前の 福井大豪雨が思い出されてきて、本当に気の毒になってくる。
ほんの一瞬の間なのに、自然災害は恐ろしいと思う。

毎年、竜巻やら、集中豪雨やら、その大きさが、中途半端ではなくなってきているように感じる。
暑さもだが、度を越していて、極端なようだ。
だれもが、長いこと生きてきたが、こんなのは初めてです、、と答えている。
やはり、これも温暖化現象なのだろうか。 
これからどんどん、この度を越したような気象が多くなるのかな、、と思うと恐ろしくなる。

厳しい暑さから、一転して、久しぶりの雨を浴びた松など、
うれしかっただろうが、夏の剪定を前に、のびた新芽の葉が 上から見ると、
ライオンの倒れたタテガミのようにみえた。
ライオンならぶるぶるっと振り払えるが、、、じっと待たなければいけない。
あまりの強いどしゃ降りに、さぞかし うれし悲しの雨だったと思う。

自力で起きれる植物は良いけれど、そうでない作物の植物、例えば稲、大豆などは大変で、
これから収穫に影響してくるから心配だ。
どうか今年は これ以上 度を越した気象にはなりませんように、
大きな台風も来ませんようにと、祈るばかりである。 職人K

コピー ~ 倒れた大豆2
 大水で一瞬のうちに倒れてしまった、大豆の畑 (こちらは京都市内の農場)
     
                                           
 
EDIT  |  07:20  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |