FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2021.02.12 (Fri)

黒い やじろべえメガネ

先日「メガネが浮いてしまいます」という記事に出ていた フレームができました。

今回は 黒マットの色で 仕上げました。
P1010945.jpg


黒いフレームと言うのは 私のメガネでは 少ないのですが ご要望があれば 黒もできます。

クロのフレームは 清潔で シンプルなフレームに みえて 細い丸が 顔にかけたとき きれいなシルエットを描くと思います。


今回はメガネが浮いてしまうとのことで これまでのメガネに比べて ブリッジの位置をあげて カーブを深くして レンズ面を眼球に近づけるようにしたので メガネが 顔にしっくりくるのでは と 思います。

P1010940.jpg

  薄くシリコンゴムが 塗ってあります

ブリッジの裏にシリコンゴムを 薄く塗り 鼻により密着できると思います。

P1010951.jpg


今回のフレームは「黒」に こだわり 耳の木の部品も 「黒檀」にして 黒でありながら 天然の黒が 金属の黒とのコントラストが おもしろいと思います。

メガネが浮いてしまう と聞いた時は 正直 ショックでした というのは 御依頼の方の 顔もわからず 掛けてみた状態がわからないので
確認する術がなかったのです。 

同じ日本人でも 鼻の形 顔の形 目の位置 など わかっていたつもりでしたが やっぱり甘かったと思い 眼とレンズの距離などについても 再度お聞きすることにしました。  

P1010942.jpg


しかし 一般の眼鏡屋さんでは 一山のメガネについては  そこまで対応できないので メガネに掛ける人が 対応するしかないのが 現状のようです。

P1010962.jpg


しかし せっかく 一山のメガネをかけるのなら できるだけ満足してかけてもらう方が 掛けていても愛着が湧くのではと思い サンプルの段階で 良く確認していただく ようにしています。

P1010953.jpg


丸メガネをかけだしたら そのままズーッとかけて 知らぬ間に 2年3年 それ以上経ってしまう方も多いようで まさに 顔の一部になるのですから はじめにしっかり 合わせて 購入していただきたいものです。

さて 今日 思わぬ訃報が飛び込んできました。
ジャズピアニストの チックコリアさんが 亡くなられたとのことです。 思い起こせば 私がまだ高校生の頃でしたが まだジャズを聴きだした頃ですが 彼は サークルという実験的なジャズグループを結成したり マイルスのバンドでは 電気ピアノを弾いていたり そのあとリターンフォーエヴァーでは 何かしらハッピーなジャズをしたり どんどん変わって行く彼の演奏を聴いていました。 福井にも2回来てライブに行ったことがあり 彼の演奏を堪能した思い出があります。

今日は1970年ごろの 実験的なジャズをやっていた頃の演奏で お聴き下さい。まだ30歳ぐらいの頃の演奏です。
長い演奏なので さわりだけ お聴き下さい there is no greater love という曲です

EDIT  |  20:47  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |