FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2021.02.04 (Thu)

どちらが 良いか?

昨年 購入していただいたメガネで 12角形のいわゆる マンレイ山というブリッジを付けたメガネがありました。

P1010904.jpg


縄手のテンプルで リムも細かい縄筋模様のものでした。
大変気に入っていただいたと思いますが 先日 こんな問い合わせがありました。

P1010906.jpg
  マンレイ山 (左右に鼻パッドが付いています)

左右に鼻パッドが付いていると 掛けていると鼻に当たって こそばい(くすぐったい) ので 一山のブリッジのフレームで作ってほしいとのことでした。

いつも 一山のメガネに慣れてしまっている方には 左右に鼻パッドが付いていると なんとなく 落ち着かないのかもしれません。
私も どちらが良いかという判断はできません それでは 一度作ってみて 比べてみようかと 思い 作ってみました。


P1010918.jpg


このメガネ 縄手と リムに細かい筋の入って 何か重みのある レトロチックな雰囲気で 作っていても 気に入っています。
P1010907.jpg

  一山の フレーム 鼻筋にちょんと乗せる


できてみると 一山のフレームも シンプルで いいなあと 思います。
一山に慣れている人にとっては 鼻筋にチョンと 乗って かけやすいと 思います。


これらの 二つのブリッジがありますが これらは メガネが大衆向けに作られる頃からある 古典的なブリッジです。
ただ 一山というのは先日もお話しましたが 掛ける方の鼻の形によって ブリッジの位置が変わります、


しかし マンレイ山というのは 左右に鼻パッドが付いているので 鼻パッドの調整で掛けごこちが変わります。
これから考えると 一山の方がもっと初期に使われたものではないかと思います。

P1010913.jpg

今となっては 流行やら 個人の好みがあるので どちらでもいいのですが 今回 2種類作ったことで 同じメガネでも味わい方が変わるんだなあと 思いました。

音楽の演奏で いろんな楽器があります。 その中で 手のひらにのるような楽器でいろんな音楽を表現することができるんだと この演奏を聴いていて思います。 ハーモニカです。 小さい楽器ですが その音色 テクニックは 底知れません。

今回演奏する トゥーツ シールマンス という人は 94歳で亡くなったそうですが 今日ご紹介する演奏は 90歳の時のものです。
映画「真夜中のカーボーイ」のテーマ曲ですが とても若く まさに 熟年の音に聴こえます。

P1010914.jpg
こんな暗さが このメガネにも 似合っているのかな

EDIT  |  17:47  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |