FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月
2019.12.14 (Sat)

冬の長い夜を過ごす

もうすぐ冬至です。
P1020558.jpg

陽が一番短い日です。 いつも明るいところばかりにいると 暗がりのところの中の美しさを感じます

わたしは読んだことはないのですが 「陰影礼賛」という本には 西洋人にはない 暗がりでのモノの見方について書いてあるという。
漆や金蒔絵など それも手垢でまみれたものを日本の建築の中にある暗がりで鑑賞するという事であるらしいです。

西洋人は きれいに磨いて明るいところで鑑賞するという 感覚であるという事です。
DSC_9684.jpg


さて 私のメガネを その暗がりで見てみるとどうなるかと 冬至に近い昼下がりに 試してみました。

DSC_9673.jpg


メガネであるのに こんな事しなくてもいいのですが セル巻で 工芸品のように見えたので 暗いところで 鑑賞してみたいと思ったからです
.DSC_9687.jpg



アンティックゴールドの色と セル巻の色が暗闇でうっすらと浮かび上がり まるで 暗闇で眠るような感じです。
DSC_9696.jpg



そのうっすらと見える存在に いわゆる 「陰影礼賛」の言おうとしていることがあるような気がします。

PC056389.jpg

冬至に今は 「玄中玄」という黒の中の黒という時期です。
あらためて 暗さに対するものの美しさを感じました。

DSC_9693.jpg

        富樫実 作 「空にかける階段」と一緒に

もう12月も半分になりました。 何かとせわしないのですが ゆっくりした気分になりたいものです
クリスマスと言っても せわしない音楽やイベントで 疲れます 先日聴いた曲で こんなのがありました。
暗い中で音を探るように 演奏する坂本龍一さんの 「戦場のメリークリスマス」をお聴き下さい



EDIT  |  08:38  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |