FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2019.11.01 (Fri)

百年後のわれはそよかぜ地球儀の南極に風邪の息吹きかけて

PA175903_1.jpg

唐突に わかりにくい短歌を 出してしまいました。
塚本

これは 塚本邦雄 という歌人の作った有名な歌という事です。


病気で寝ている時 そばにあった地球儀を見てると 南極が下に見えて それに 息を吹きかける様子を歌った歌です。
PA175912_1.jpg

とても難解で 短歌に門外漢の私には ビックリするような 歌ですが こんな前衛的な 歌に刺激を受ける方も 多く

今回 私のメガネをお選びいただいた方もまた この塚本邦雄氏に 魅了された 方です。
PA175911_1.jpg


やじろべえメガネのセル巻で ちょっと秋らしい シックないろどりで おしゃれです。


やっぱり 文学と丸メガネって 合いますね。 


今日から11月 いよいよ 晩秋 です 木の葉も紅くなり なぜか茶色系の色が似合います 。


PA175905_1.jpg


門外漢の私でも ちょっと 短歌に触れてみたい気分になります



いよいよ 11月になりました。 塚本氏の短歌は難解ですが わからないなりに 言葉の余韻というか 言葉のリズムが心地よい感じです
音楽でも リズムとか メロディで曲が良いとか 悪いとかを感じることが多いですが 我々人間の持っている感性で 感じる音楽は 難解に聴こえますが 間のとり方 など また違う感覚で聴くのもいいかなと思います、


今日は 11月になったという事で 武満徹さんの 名曲「ノヴェンバー ステップス」をお聴き下さい。
昔 学生の頃 シュールリアリズムの画家である 京都の小牧源太郎先生の講義を聴いている中で 瀧口修三さんという詩人の話がよく出て 瀧口修三さんの 詩を読んだりしていました。 

その瀧口修三さんと 武満徹さんも交流があって 難解な曲だけど聴いているうちに 聴き方も違うのかなと思うようなこともありました
EDIT  |  08:15  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |