FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2019.09.09 (Mon)

レトロな気分 ヘミングウェイ

映画で インディージョーンズと言う映画がありました ずいぶん前の映画ですが ごぞんじでしょうか?

     
インディジョーズ

ハリソンフォードが演じる考古学者で大学教授のハリソンフォードがカッコ良かったです。
1940年頃を舞台にした映画で スタイルも レトロっぽい恰好でした。 もちろんメガネも 丸いメガネで 背広姿の探検隊のようなスタイルでした。 
Hemingway.jpg

またアメリカの作家で アーネスト・ヘミングウェイと言う作家がいました。と言っても私はほとんど知りませんが彼の書いた作品は1920~50年頃だったらしいですが その時代の雰囲気が 古き良き時代として 現在ではレトロっぽく感じる時代です

そんな レトロっぽいメガネを探して来られた方がいらっしゃいました。

DSC_7276.jpg


私の作ったメガネを送って ご覧になって 色々と迷われて 結構時間がかかりましたが 顔に合せることもあって 縄手のテンプルで 丸メガネを選ばれました。

DSC_7283.jpg


と言っても 瞳孔距離を合わせて 顔の大きさに合わせて 作ることで特別制作になりました。


ついでに リムは 模様入りのリムを使って とても古い感じのメガネになりました。
このまま インディージョーンズの映画の中に入っても違和感がないと思います。


DSC_7281.jpg


ちょっとかっこいいんじゃない? と 自分ながらに 思いながら作りました またまた リクエストがあって これにクリップオンサングラスをつけてということで フルセットですね。
こんだけ こだわってメガネを作るという事は きっとその方の身体の一部になって ずっと大事にしてくださると思います。



155144393721725147177_DSC_0430.jpg155144393721725147177_DSC_0430.jpg

丸メガネ 縄手テンプル 模様入りリム アンティックゴールド こんな仕様が ちょっとしたことですが とても気になる 古き良き時代 というのは 今のデジタルでハイテクな時代にはあり得ないことかもしれません。 でも気になったらたまには 心を癒すつもりで かけてみるといいのではと思います。

さて 今日は 1930年頃のフランスでスティファン・グラッペリというバイオリニストがいました ジャズの曲を弾いていて 戦前のフランスのジャズ界で有名でした。一緒にジャンゴ・ラインハルトと言うギターリストと共演が多かったみたいで アメリカのジャズと違いシャンソンみたいなヨーロッパジャズとでも言う感じです。このグラッペリさん 89歳まで生きていて 老後もジャズバイオリンを弾いていました。ヨーロッパの良き時代を知っているプレーヤーですね 今日は1930年代の画像と 年老いてからの画像を比べてみてください。 どうでしょうか?



EDIT  |  20:07  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |