FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2019.08.10 (Sat)

若き日の思い出 風鈴

先日 私の親しくさせていただいている方から メールをいただきました。こんな内容でした
DSC_6334.jpg


   パオロ・ソレリ の 映像

先日ソレリの話しが出た折に我家にソレリのベルがいくつかあるのを思い出しました。
ソレリのことを知っている方もいなくなり、是非関心の有る方に差し上げたいと、
本日宅急便にて辻岡様宛てに送りました。
小さなベル2個と、おまけにアリゾナの砂漠で出来るデザートローズを同封しました。
受け取って頂ければ幸いです。


送り主は Hさんという建築設計士の方で 80歳を過ぎた方です。Hさんは若い時 1960年代にアメリカに渡り アリゾナ砂漠に作られる 実験的な町作りのプロジェクトに参加していました。 その計画者は 建築家パオロソレリという人で世界中から彼の建築方法を学ぼうとやって来ているというのです。しかし彼はもう亡くなってしまっています。
DSC_6352.jpg
 
そのプロジェクトを支えるのは この風鈴を作って売ってそれを資金にすると云う訳です。 その記念に持っておられたのですが その貴重なものをいただきました。
floatingfountain1s.jpg

Hさんは 1970年の大阪万博での イサムノグチのモニュメントプロジェクトにも参加されて 私から見ると 貴重な体験をされています
i_itv_msg_07_4.jpg

それ以降 コンクリートの建物設計から 木の家を造ることに眼を向けられて 働く家という考え方で 家を設計されているようです。
DSC_6345.jpg

私が Hさんと知り合ったきっかけは 私の学生時代の先生の 教え子の方で 私よりズッと前の方で 先生が亡くなって遺作展の時に 知り合ったのがきっかけです。 私の丸メガネに 興味を持っていただき 愛用してくださって 私もそのことで メガネ作りに自信を持つことができました。 
DSC_6348.jpg

Hさんの 若い時の思い出に 大事にとっておいた パオロソレリのwindbell(風鈴)は いま 私の家で 風に揺られて
チンチンと 鳴っています。
さて パオロソレリの時代はアメリカはベトナム戦争 人種差別運動など 反体制の若者が多く 自然回帰の動きがありました。ちょうどその頃 ウッドストックコンサートがあり 当初予想もしない40万人以上の観客が押し寄せ 伝説的なコンサートになりました
その中でも ジミーヘンドリックスは アメリカの象徴的な存在でした。 しばらくして彼は亡くなってしまいます
ジミヘンの死 そして ジャニスジョップリンの死 彼らの亡き後 伝説的な音楽になりました
今日は ジミーヘンドリックスの ウッドストックでの演奏で 「アメリカ国歌」をお聴き下さい
EDIT  |  21:01  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |