FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
2019.07.22 (Mon)

シモーヌヴェイユ は こんなめがね

シモーヌヴェイユというメガネモデルがあります。
weil.jpg

これは フランスの女性の哲学者の名前をいただいて勝手にニックネームとしてつかっているものです。 
1940年頃にヨーロッパで流行ったメガネのモデルです。 シモーヌヴェイユもこれとよく似たメガネをかけていました。
1280px-Citroen_2CV_-_Flickr_-_mick_-_Lumix.jpg
    1940年ころのシトロエン2CV もユニークな車だったようです

私は行ったことはないですが フランス イタリアのものは 自動車 服 など私たち日本人では発想できない 形 色を 使っています。 

我々日本人は 積み上げて出来る 努力 研鑽などからできるものとは違い 感覚的な創造力を感じることができます。
P7194970.jpg

メガネでも今でこそ あたりまえのボストン型のメガネですが このメガネが1940年頃 
P7194968.jpg

日本では戦前の事ですが その時代は丸メガネばかりだったと思います。
P7194972.jpg


その時期にこのようなボストン型とは やはり当時の日本では考えられなかったのではと思います。

さて 先日辻井伸行さんのコンサートがあり 観に行ってきました。 いつもCDでしか聴いたことがないので 目の前で演奏するのは感動的でした。それと同時に 一緒に共演する若い女性がいました その人はフランスから来た人で黒いミニスカートをはいて なんとクラッシックコンサートで裸足で出演しているのです。彼女の名前はルシエンヌといい まだ20歳で とてもクラッシックコンサートの感じの服装ではなかったのですが 演奏を聴いてみると 素晴らしい音色とタイミングとにびっくりでした。

ルシエンヌ  ページに変わります

 この人もまたフランスの人で 意表を突かれた思いでした。 とても素晴らしい演奏で 帰ってから調べると クラッシックとジャズを演奏するらしく 素晴らしい感性に驚かされました。

今日はその人の演奏で クラッシックとジャズを聴いてください。
特にステージで裸足で演奏しているのが びっくりでした




EDIT  |  22:05  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |