FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2008.01.23 (Wed)

世界同時株安の懸念

暗雲

日本と米国の連日の株安が ついに世界同時株安のきっかけ、になってしまったようである。
いよいよ、いちばん恐れていたことになってしまった。
日本や米国のみならず、アジアの中国でもインドでも、またヨーロッパでも ひどい株安である。世界の市場は 24時間、次から次へと開かれるから 休むことがない。
世界の市場がリンケージして 下げが下げを呼ぶようだ。

株高も 北京オリンピック、あるいは上海万博まで、と言われてきたが そこまで持たなかったようだ。
米国発のサブプライムローンを組み込んだ、金融商品の値下がりを入れると 損失がどこまであるか、底なし沼のようだと 専門家の声が 連日 報道されている。
この株安に歯止めをかけることが出来るとしたら、あとは米国のFRB の思い切った金融政策だけだ、といわれるが 果たしてそう出来うるのだろうか。
最近では 米国経済の景気後退、リセッションのみならず 米国そのものをゆるがすアメリカ国債の債務不履行、デフォルトまでささやかされている。 ドル安もいっそう進んでいる。
だれが見ても 昔ならいざ知らず、米国は 長引くイラク戦争でかなりの出費を余儀なくされていて 財政赤字、貿易赤字でかなりの借金財政である。そこへ 今度のサブプライムローン焦げ付きから生じた、信用不安への対処で 世界一強大国の米国が 足元から 揺らぎ始めている。

巨大になりすぎた、世界の投機マネーの脅威に どうしたらよいものかと思っていると やはり
ゆき過ぎたものを是正する時は 来るべくして来るものである。
一瞬にしての 世界同時株安となって 巨大なマネーが アワとなって消えてゆく。
ふくれては消え、そういう 今の金融資本主義の宿命なのかもしれない。
巨大なヘッジファンドや 余剰資金はよいが そして 多くの一般投資家がまきこまれる結果となる。

小泉政権によって 解体された 郵政公社であるが そのころから 従来の預貯金、簡保に加えて
投資信託などのリスク商品を扱いだしたと思う。
窓口でも お年寄りなどにも 熱心に勧めているのが 見うけられた。
あの時は 当時の改革のせいかどうか ゆるやかに日本株式が上昇し始めてきた時であったと思う。
それなので どんな投資信託でも かなりの利益、実績を 勧誘の際に 提示できた。
それが今はどうだろう。 かつて経験したことのないような同時株安で どんな株式を組み込んでいても ひどい値下がりになるはずである。 わずかな金利よりはまだましだと思ったのが、
元本保障でないことの リスクを 身をもって思い知らされる事態となった。
わかっているようで わかっていない、
[ どうしてくれるのよ。]の声のオンパレードでは ないのだろうか。

また 今度は多くの企業が 3月期決算である。
株価の下落が 時価評価となって 会計を 苦しめる。何年か前の 銀行冬時代が思い出される。
今度の下落が これまで経験したことのないようなものにつながるようで とても恐ろしい。
こうやって 大恐慌へと 進むのだろうか。やがて それは 戦争にもつながっていく。

世界のあらゆる国が どこまでも経済成長していく、というのもおかしい。 無理がある。
特に 今 言われている CO2 の削減、京都議定書を実現しようと思うならば
これ以上、経済成長してはならないことになる。そういう意味では 皮肉にも
こういう株安による、とてつもなく大きい経済減速しか、その解決策はないのかもしれない。
私たちは ゆき過ぎた快適、現代の生活を 相当な覚悟で 昔に もどさなければならないのかもしれない。
職人K
EDIT  |  00:28  |  社会経済  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
Comment
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |