FC2ブログ
2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
2012.10.14 (Sun)

何ごとにも 「一期一会」あり

                            今日の空
                               何も写っていない今日の空、(^^ゞ                           

早朝からドンドーンと花火が上がった。
この花火は、鯖江の自衛隊駐屯地49周年記念行事の日のものだな、、とすぐにわかった。
つい先日物凄い音での試験飛行があったが、あのF15戦闘機が飛行するいよいよ本番の日だ。
試験飛行があのようなら、
当日はさらに見応えのある、物凄い飛行になるに違いない!!
初めて目の当たりにするF15戦闘機の迫力ある飛行を見てからというもの、
すっかりその姿に魅せられてしまって、
二日後の本番のこの日が、楽しみで楽しみで仕方がなかった。
もう一回、あの感動を、、と心が躍った。
本日行われる飛行は、午前11時10分からと事前にちゃんと調べた。
若い家族も誘って、工場の屋上にまで上って、
その時が来るのを今か今かと待っていた。
もちろん、カメラも手に握っている。

「キーーン、、」待ちに待った飛行音が聞こえてきた。
果たして今回も2機そろってやってきたが、
かなり高いところをアッと言う間に飛んでいってしまった。
すぐにまた戻ってくるから、、と続けて待っていると、
先日の通り、ちゃんと戻ってきた。
近くの西山の上あたりで大きく方向を変えて、、今度は一機ずつ、、
来ました!来ました!
ブイーーーーーン!!と大きな音をたてながら、
またまたアッという間に 飛び去って行った。
夢中でシャッターを切るも、なかなか職人Mのようにカメラでとらえることが出来ない。
しかも、今回は前よりも高い所を飛んでゆく。
もう一回、、とまた構えていたが、
今度は、遠く日野川上空を飛んで行くのが見えただけで、
再びこちらに戻ってくることはなかった。
なぁーーんだ、
この前のような迫力とは全然違う!! がっかりしてしまった。
側で、若い家族が笑いながら言う。
「何でも、一期一会! 同じことが繰り返されることはないんだって!」と言う。
それでも十分迫力あった、という。
この前は、そんなものじゃなかった、もっと凄かった、と何回も言う私だったが、
なるほど、このようなこと一つとっても、
確かに、「一期一会」ということがあてはまると思う。
いくら周到に準備されても、天候とか、人間でさえも、何もかもが同じということはない。
その日は、一回だけの、その日だけのもの。
またこちらにはわからない当日の事情というものがあると思う。

実は前の試験飛行の日には、
私たちと同じようにびっくりした人が相当にあったらしく、
事前の通達が十分でないとか、低空過ぎて恐ろしいとか、
苦情や問い合わせが殺到したということが、翌日の新聞に出ていた。
その辺の配慮が今回おおいにあったに違いない。
また、お上の行事というものは、予行に力が入って本番はサラっといくものなのかもしれない。
いずれにしても、
今回、あのド迫力のあるスゴイ飛行は、二度と繰り返されることはなかった。

人と人との出会いや関係に「一期一会」があるように、
このようなことでも、確かに 同様なことが言えるかもしれない。
戦闘機の飛行そのものよりも、
そんなことが、強くココロに響いた、今日の出来ごとだった。
                                   、、、職人K
EDIT  |  23:33  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |