FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2012.06.09 (Sat)

本日、梅雨入り

                 剪定の済んだ霧島
                                  剪定の済んだ、霧島ツツジの大きな株

剪定の済んで、丸坊主みたいに涼しげになったツツジの株に、雨が落ちている。
ここしばらく晴天続きだったので、久しぶりの雨はうれしく感じられるが、
気象庁によると、はや北陸地方も梅雨入りしたとのこと、
またじめじめとした苦手な季節の到来だ。

すっきりしたツツジの株とは違って、
私の気持ちはとても重く沈んでいる。
昨日の夕方にあった、野田総理の原発再稼働宣言のせいだ。
さらに、福井県は、その発表を受けて、来週中にも同意、
止まっていた大飯原発がまた再稼働する見通しだという。

【More・・・】

                 シャクナゲの若葉
                                       雨にぬれるシャクナゲの若葉


信じられない事態となった。
昨日の総理の会見説明には納得がいかない。
福井県の態度も全く情けないと思う。
県内世論調査でも、反対のほうが多いというのに、はじめから再稼働ありきの姿勢だ。
これでは 「老獪」と評されても仕方がないような知事の態度だと思う。
自らに批判が集中するのを恐れてか、国家の強い判断だと言わせている。
安全対策といっても限度がある。
つい先日は、大飯原発付近にも大きな活断層の存在が指摘されたばかり。
今回のフクシマ事故では、想定外の電源喪失ばかりでなく、
これまで頑丈だとされた原子炉の格納容器そのものの破損も言われている。
フクシマ原発事故や東日本大震災の教訓を無駄にしてはならない。
太陽活動や、地球全体の地殻変動が活発になっているこの時期、
想定外のことはこれからいくらでも起きると考えなければならないと思う。
一時の夏の電力不足だけのために、軽々しく判断するべき問題ではないものだ。
一市町村の首長が安全対策をとれるような、
県の職員を派遣したところでどうにもならないこと、人類としての大問題だと思う。
そして、今回の事故から、すでに その正しい答えはほぼ出てしまっている。
人間の手に負えない、どうしようもない危険のあるようなことは、
はじめからしてはいけないのである。

国論を二分するではなくて、世論のかなりの部分がすでに 再稼働反対に傾いている。
フクシマで犠牲になった方々を無視し、国民の世論を全く無視した、
総理の昨日の会見は、傲慢そのもの、愚か者の声明だった。

あれほど大きなフクシマ原発事故を経験し、いまだ収束の見通しもたっていないのに、
それどころか、まだまだ放射能被害が拡大しているというのに、
世界が注目するなか、
総理大臣ほか数人の閣僚の政治判断で再稼働を簡単に決めてしまっていいはずがない。
こんな愚かしい総理、そして愚かしい決着の仕方は、世界の笑いものかもしれない。
NO!を唱える政治家はもういないのだろうか。
関西の夏場の電力不足は大変だと思うが、
少しくらいの計画停電は、何とかやりぬかなければならないことだと思う。
フクシマ近辺で、住むところや仕事、何もかも奪われた方々の御苦労に比べたら、
我慢しなければならないことだと思う。
そうする中で、新たなエネルギーの開発、新たな方法も出てくるのではないだろうか。

ジメジメした梅雨の季節とあわせて、
崖から突き落とされた気持ちが、いっそう沈んでゆくようだ。
賢明な、新しいリーダーの出現が、強く望まれるところだ。
                                        、、、職人K


             ホタル
                                      ホタル、鯖江市内
                                       (写真、職人M)

              今一度、私たちは 「蛍雪」に学ぶ時期が来ていると思う。

                             
EDIT  |  14:18  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |