2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2007.11.28 (Wed)

老い、について   Ⅲ


kouyou.jpg

私の先生は 10年前に亡くなられた。 81歳であった。 尊敬する師、であった。
もともと心臓が弱かったが 亡くなられる1年ほど前に 大事な話があるから、ということで家へうかがった。 腎臓のほうもわるいらしくて あと1年くらいかと思う、と別段いつもと変わるようでもなく 淡々と言われた。 それで こちらがびっくりしてしまってかなり動揺していると、 先生は 
[ はっはっはぁー、、]と大声で笑われて、
[ 人間、いつか死ぬわいね。 早いか、おそいか、だけだ、、それよりも、、] と 自分のことより 
こちらのほうへの これからのことを述べられた。
 その後、医者の言葉どおり だんだん体力が消耗していき、最後には
繰り返しおそう、痛みとの戦いのうちに息をひきとられた。
見ていて つらくなるほどの壮絶な痛みのようであった。しかしながら
取り乱すわけでもなく 痛みの弱い間には普通に話されるなど ザ、ラストサムライ、として 
その名の通り 尊厳ある最期であったと思う。

 その一方で 大学病院が職場である、身内のものから 最近の医療の現場の話を聞くことがとても多くなった。 とても先生のような、尊厳ある最期ばかりではないようだ。 その人のかつての人格などもうなくなっていることが多いという。 そして 慢性的な 人手不足から 医療の現場もみんな疲れはててしまっているように思う。 聞いていると 気の毒なほどだ。

kirikabu.jpg

老い、というものが病気を呼び込むのか、また病気が 老い、を加速させるのか、視力や聴力が衰えるのと同様に 精神をつかさどるところの、脳の中枢が衰えることだってあって当然である。 身体の老化や病気は本人のせいでは全くない。 いくら理屈ではわかっていても やりきれないつらいものがある。
 ノーベル賞受賞者だって アルツハイマーにおそわれることがあるのである。 不運にも。 いくらよい事をした人でも どんな悪名たかき人でも どのような最期になるかは まったくわからない。
運がよいか、悪いかのどちらかであると思う。
 そして今 老い、の最期は 家庭から 病院や介護施設に移ってきている。 また かつての人格ではなくなった人の表情とはうらはらに
そこで その事情をまのあたりにする親族や医療従事者は 
人生とはこういうものか、と哲学的な表情になるに違いない。

【More・・・】

20071128003914.jpg

 鷲田氏のお話によると 現代においては 生活スタイルが昔とは激変、阪神大震災のときには そのことをとても思い知らされた、という。 特に都会では マンションでの生活など 昔とちがって隣近所の付き合いというのが全くないところへ 人間の根本的な、最低限のこと、火をおこしたり、水を確保したり、排泄する場所の確保、寝るところの確保、、など 多くの人が困難に直面した。 何も出来ない、ということを思い知らされた時であったはずだ、という。 年配の人の知恵、というものも伝わらないほど核家族というのが一般的になってしまっている。
 昔のような 共同の地盤がなく ひとりひとり孤立してある、という現代というものを これから考えていかねばならない、ということだった。

 現代のような時代には うっかりしていると 便利さの代償として
その便利さが機能しなくなったとき 生きていくうえでの最低限のことさえ何もできない事態になってしまうということだ。
便利さのうらでは 他人がその行為を代行しているという事実。
まさか、の時に 何でも自分で出来る、ように 日頃から 準備、努力しておく必要があるとも、のべられていた。

 そしてこのごろ 老い、というものを考える時 私は 農業、というものに 課題の解決の方向を 見い出しにかかっている。
よく言われている、晩年からの 晴耕雨読の生活である。
 老い、には 人によっては 有り余るほどの時間との向き合い方、ということが課題でもあると思うが、哲学するチャンス、肉体の程よい使用、また食べる、という生きていくうえでの大事な食料の確保、、、などとすべてよい条件が整っていると思うからである。   職人K

shisaku2.jpg

EDIT  |  10:10  |  学問  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
Comment
■どきどきすること
人生も
織田信長であれば「50年」と謡った時を
もう過ぎています。

何が自分にとって「しあわせなのか」
どんなとき「うれしいのか」
決して余りあるお金でない「何か」を 
見つめていかなければならないのですね。

毎日 あれやこれやと忘れてしまい。
元の場所に戻り
何を探していたのか それすら忘れる事があって
自分ながら 笑ってしまいます。

ドキドキする事も 少なくなりました。
でも 色んな事で 高揚する機会は忘れたくないですね。
あまり ドキドキすると
心臓に負担がかかりすぎるかもしれませんが・・・

やっぱり楽しみたいものです。e-250
UME |  2007.11.29(木) 15:57 |  URL |  【コメント編集】
昔とちがってどんどん平均寿命がのびています。普通であるなら もう折り返し点は過ぎたと思うけど これからは時間と上手に向き合っていかなければならない、と思います。 忙しかった、あの頃が 思えば一番よかった、なんて振り返る時がきっとあるのでしょうね。 長い人生、友人に恵まれればさらに良いものとなると思います。これからもどうぞよろしくお願いします。
職人K |  2007.11.29(木) 23:31 |  URL |  【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |