FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2007.11.26 (Mon)

老い、について   Ⅱ

DSC_4636.jpg

 老い、とはだれにもいつかやってくるものである。
生き物として この世に生まれたならば、つまり 人間として この世に生まれた瞬間から 死に向かって生きている、ということになると思う。  そしてその前には 必ず 老い、というものがある。昔、地理の授業で 山々の形状によって 青年期の山、壮年期の山、そして老年期の山というのに分類するのがあったことが思い出された。火山もそうだが 侵食や溶岩の流れなどによって形が変わっていくことは 小学生でも知っていると思う。ただしそこに 死、というものはない。生き物の成長、一生になぞらえているだけである。
 この歳になってくると このごろしきりに自分でも老い、ということをつくづくと考えさせられることが多い。ただし 自分の死、ということになると 元気な今においては もうひとつピンと来ない、まだまだ先にあるものとしてしか考えられない。
 この死、というものについて考えると 自分では経験できるものではないから 我々は 自分のまわりの、たとえば肉親などのそれによって それを経験するのである、ということはよくわかる。
 そして 老い、というのは全く自然のことなのであるから、今さら 問題として大騒ぎするのではなく、 解明すべきことを考える、ひとつの課題としてひとりひとりがとらえてほしいという結論であった。

 ところで氏によると フランスのパリの学校では週に8時間も哲学をする授業がなされているようである。心と身体の関係などについてというふうに。 哲学とは 西洋発ではあるけれど もうどこの国においてもそれなりに消化して独自のものがじゅうぶん根付いているはずであるから そろそろ 日常的なことにおいて 哲学的な作法、というものを 自ら考えてもらいたい、ということだった。

 そして氏は 生け花の世界にあった、ある華道家について非常な衝撃、感動というものを受けられた話をされた。それは たくさんの枯れた、死んでしまっている花を表現、いわゆる花の死を見届ける前衛作家の話をされた。

 花、というのが出てきて 私はそこで 常々見て感じるものがあるところの、ある花を思い出した。それはアジサイの花である。

【More・・・】

 アジサイの花は梅雨のころに ピンクや青、紫の色によって美しく咲く花である。普通 花弁として見られているのが実はがくであって 花はもっと真ん中にある小さい粒のものがそうであるらしい。そのためかもしれないが その花にみられる、がくの部分が 季節によって色が変化するのである。ちょうど 今のころなら 霜や寒気の中で 赤っぽいような茶色っぽいような、微妙な色合いになっている。
 この状態のアジサイの花の色が つまり 人生でいうと 老いた、晩年の色に感じられるのである。そして この色合いのアジサイというものも なかなか趣きがあると思うのだ。

agisai.jpg

azisai2.jpg
近くの公園のアジサイの花、11月25日
 
またまた小林秀雄の話になってしまうが 老人らしい老人、ということで 氏が論じている。 老人なのにいつまでも若い、というのはおかしい、このごろはいかにも老人らしい老人がいないではないか、と嘆いてもいた。
そこから発展して 横丁のご隠居、という話にすすんでいくのだが 
[陸沈]という言葉も出てくる。 世の中を長く生きてきたからこその知恵、経験から出た叡智、というものをいっぱい持っていて それは生きていくうえでの処世術かもしれない。 けれど どこか また これ、という場面で非常に皆から尊敬され、一目おかれているという身分の人のことである。このご隠居という立場まで到達すれば
老い、というのの最高の姿だと思うが 多くはそうはうまく行かないようだ。

 晩秋の 冬に入る前の このアジサイの花を見ていると 厳しい暑さにも耐えてくぐりぬけ、 今ある姿が 何ともいえない味のある色の花に見える。 実際、暑すぎる熱気にやられるとここまで紅葉したような色まではたどりつけず、夏の時点で 枯れたままになってしまうという。 花屋さんに聞いたら そう言っていた。
 同じ老いるなら このようなアジサイの花のような色合いまでたどりつく老い、でありたい。 そして老人らしい老人、としてありたい。
そのために いろいろ自分で努力して出来うることも少しはあるのではないか。 そう思った。 職人K
EDIT  |  23:44  |  学問  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
Comment
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |