FC2ブログ
2021年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
2021.02.25 (Thu)

鉛色

むかしの事ですが 私が学生の頃 美術作品と言ってもいいのかどうかわかりませんが 作っていた頃がありました。
といって 絵を描くのではなく いろんな素材を使って 組み立てたものでした。

よく使っていた素材に 鉄 とか銅とか 鉛を使っていました。
私には こんな無機質な素材が 心地よい素材で 重さといい 色といい それだけで 存在感のあるものでした。
鉛板


先日 掃除をしていたら 昔持っていた 鉛の板が出てきて 思わず 触ってみたり 眺めたりしていました。

鉛色について 
福井は雪の多い地方で 冬になると雷が鳴って 霰や雪が降ってきます。
hukui.jpg


空の雲は 重い灰色で 日が短いのに 日照時間が少ない 暗い日々が続きます。
karasu.jpg

外に出ると 雪があって 雪が多いと 雪を楽しむ気持ちにはなれません。
しかし 鉛色の空を見ていると 北陸は やっぱりこの色が合うのかなと思ったりします。

メガネが福井に根付いたのも 雪国で何も産業のない福井で 家にいてできる仕事という事で 大阪に行きメガネ作りの技術を持ちかえり メガネを作り始めたと聞きます。
寒村の福井で家内工業で始まったメガネ 鉛色の空の下 雪の中でもできる仕事 という事で 何か暗いイメージを持ってしまいます。

そんな風土に育った私には そのせいか 鉛色は落ち着く色です。 


P2251093.jpg

私の作る メガネでも アンティックシルバーとか 黒ルテニウムという 濃いグレー 使い古したようなグレーの色があります
これらの色も また 鉛色に近い色で 存在感があります。
P2251097.jpg

今回 作った12角形の縄手のメガネは 鉛色を感じさせる 鈍い色です。

P2251084.jpg


歳をとると 昔は光沢のある銀だったが 歳とともに 燻したような くすんだ色になるのは 人間もまた同じかもしれません。
むかしは いぶし銀のように 歳をとりたいと思っていましたが いつの間にか きれいな燻し銀ではないけれど くすんできました。

P2251104.jpg

鉛と銀は 雲泥の差がありますが 私は いぶし銀より 無口な鉛の方に 魅力を感じます。

パブロ・カザルスの 演奏を聴くと チェロの音が 他のチェロを弾く人に比べて いぶし銀のような深い音色を感じます。

バッハの無伴奏チェロ組曲は カザルスがバルセロナの楽譜店でバッハの無伴奏チェロ組曲と出会い、10数年の研究を経て1904年に初めて公開演奏を行なったという 曲らしいのですが 演奏の中で唸るような彼の声を聴くと 単なる音以上に 迫ってくるものを感じます。長い曲なので 途中までお聴き下さい。


EDIT  |  20:55  |  日記  |  Top↑
2021.02.21 (Sun)

赤と黒

赤と黒 フランス文学の名著として スタンダールの長編小説 「赤と黒」というのがあります。

あかとくろ

というものの 私は読んだこともなく 昔 世界史の 暗記モノに フランスの文学で 覚えたことがあるだけで 内容については知りませんでした。 

映画 赤と黒

 1954年に上映された 「赤と黒」
19世紀のフランスで 青年の 青春と恋愛 を描いた小説で 赤は軍人を表し 黒は 聖職者を表しているという事です。
映画や 漫画にもなっているという 小説です。

P1011082.jpg


私の作ったコマルメガネに 赤と黒を基調としたメガネがあります。
当初 ある方から依頼されたメガネでしたが 赤と黒のメガネって どんな感じかなと 思いつつ 作ったものです。
その時 スタンダールの 「赤と黒」という小説の題名が頭に浮かんだのですが 教養のない私には それ以上 思いつきませんでした

P1011072.jpg


つい先日 また この 赤と黒のメガネに お問い合わせがあり またまた スタンダールの 「赤と黒」を 思い出しました。


ちょっとあらすじを読んだのですが フランスの青年で頭脳明晰で ある家庭の家庭教師として仕事をしていたら そこの奥さんとの恋愛が始まり それから 不倫と新たな恋愛と に苦しむ様が描かれているという事で もし興味のある方は読んでみるといいかと思います。

ルーレット


赤と黒については 聖職者と軍人という表現の他に ルーレットの赤と黒を表して 一か八かという人生のギャンブルに例えていると言う人もいるようです。

P1011056.jpg


さて あらためて 赤と黒のメガネを見ると 目立つのかなと思っていましたが それ程 奇抜なものでもないし コマルメガネという事で 小さく シンプルで 赤色が落ち着いているので 個性的な感じです。
フロントの渋い赤が きっと肌にも合うのではと思います。 それにテンプルの黒は 引き締まった感じで  調和が取れていると思います。

P1011061.jpg


このメガネ 女性用でも 男性用でも 使えるのではと思います。
女性が「赤」ならば 男性は「黒」で 赤と黒のメガネの意味が できるようです。

P1011069.jpg

久しぶりに 見た 赤と黒のめがねでした。

さて今日は 日本の曲で ジャズの演奏で使われている曲って結構あるようで 「荒城の月」とか「証城寺の狸囃子」とかあるようです。

 今日は 「月の砂漠」を ジャズの演奏でされているのを聴きたいと思います。
月の砂漠

 

ジャズトランペットの リーモーガンの演奏です リーモーガンと言えば アートブレイキーのバンドで有名ですが 天才トランペッターと言われたのですが 残念ながら 若くして亡くなってしまいました。 今日は彼の演奏でお聴き下さい




EDIT  |  20:04  |  日記  |  Top↑
2021.02.17 (Wed)

春はそこまで 

2月の立春を過ぎて このところ 暖かい日が続いていました、
例年なら福井は まだ 冬の様相です。暖かくなって また 寒波がやってきて 三寒四温が続きます。

しかし 散歩しながら 道脇をみると 小さな花が 咲き始めています。花を見ると 自然と心が休まるというか こんなおっさんでも うれしくなっていまいます。
P1011014.jpg

 オオイヌノフグリ

P1011018.jpg

 ハコベ

P1011013.jpg

 タンポポ

先日は オオイヌノフグリ ハコベ タンポポなど 見つけて喜んでいました。 また 枯れたような木に 紅梅 や 蝋梅が咲いていると なおさらうれしくなります。



 紅梅のピンクは 春らしい色ですね。
koubai.jpg


ピンクの色って 何か得した気分になります 同じ色の仲間なのに この色はあたりを明るくしたり 心ウキウキしたりします。

前から やじろべえメガネにも こんな色をポイントで つけてみたいなあと思っていました。
P1010993.jpg


やじろべえメガネや コマルメガネで 私の作るメガネは アンティックシルバーとかアンティックゴールドとか 暗い色が多く 明るい色は 避けていたのかもしれません。
P1010985.jpg


たまには 春を意識して 明るめの色にしてみようと思い 明るい光沢の金メッキに リムの表だけ ピンクの色を塗ってみました。
細いピンクの色ですが 春の暖かさと 眩しさを 感じます。
P1010997.jpg

掛けてみると ちょっと色がついていて おしゃれに見えるかもしれません。

まだ 春というにはちょっと早いですが 高石ともやさんの 「春を待つ少女」をお聴き下さい。
この曲を初めて聴いたのは もう35年以上前になりました。 懐かしい気持ちになります。
また 今年も 春を待つ 気持です。

EDIT  |  08:21  |  日記  |  Top↑
2021.02.15 (Mon)

めがね と 民藝

 先日 私が入院している時 土井善晴 さんの「料理と利他」という本を読んでいました。
料理と利他

  土井善晴 中島岳志共著「料理と利他」

以前から 土井さんのいう 一汁一菜という言葉が気になっていて 具たくさんの味噌汁 がいいなあと私も実戦していましたが 気になっていた本だったので 買いました。

これは 中島岳志さんという 東京工業大学の教授で日本政治思想などが専門の人とのコロナ禍での オンライン対談です。

その中で 土井さんという方は料理研究家ですが 料理のレシピというより 自分の身の回りの食材で 作る料理を推奨されている方で 従来の窮屈なレシピではなく 一見アバウトな作り方ですが 理にかなった料理を教えてくださいます。 

63036046.jpg

  土井勝 著 「土井勝の家庭料理」
彼のお父さんは 料理研究家出有名な土井勝さんです。

善晴さんもまた 若い頃はフランス料理を学び また日本の有名料理店で日本料理を修業された方ですが なぜ家庭料理になったのかという事に 興味を持っていました。 

河井寛次郎記念館

  
彼はある日 京都の河井寛次郎記念館に行き その空間がっても心地よいことに気づき それはなんだろうと思っていたら 美しいものは逃げて行くが 淡々と真面目に仕事をすること 自分が生活することで美しいものは あとから ついてくるんじゃないか と 思ったそうです。

 これは 河井寛次郎 浜田庄司らの「民藝」運動の精神だと気づき プロの料理人を目指していた土井が いつも下に見ていた家庭料理にこそ 美しい世界があるのではないか これもまた 「民藝」ではないかと 発見したそうです。

柳宗悦

           柳宗悦 

河井寛次郎

   河井寛次郎

民藝とは 1926(大正15)年に柳宗悦・河井寛次郎・浜田庄司らによって提唱された生活文化運動です。当時の工芸界は華美な装飾を施した観賞用の作品が主流でした。そんな中、柳たちは、名も無き職人の手から生み出された日常の生活道具を「民藝(民衆的工芸)」と名付け、美術品に負けない美しさがあると唱え、美は生活の中にあると語りました

工業化が進み、大量生産の製品が少しずつ生活に浸透してきた時代の流れも関係しています。
手仕事の製品は 工業製品のように垢抜けていないようにも思えますし 野暮ったい感じもあります。 
これを 不良品と受け取るか 手仕事の手の跡としてとらえるか それは 使う人の受けとめ方だと思います。

竹めがね

  煤竹のテンプルのメガネ
私もメガネについて 大量に作られていくメガネですが その中で 一つひとつ作っている メガネは どれも同じものはないし 一緒なものは作れません。 

marumegane.jpg


時代に逆行していることに 私自身 いつも それが不安で もっと量産的に作れたらどんなに楽だろうし いちいち寸法を測らずに済むので 良いだろうと思っていました。

しかし 土井さんの本で 民藝の話が出てきて なるほど モノを作るのに 毎日の生活のために使う道具として 作るわけだから 淡々とそれに応じて作ることで良いのではないかと思いはじめました。 

黒檀めがね

  友人の作った削り出しのカップとともに 黒檀のテンプルメガネ

手作りのメガネは どうしても 手の跡というか 完璧に工業製品のようにできない事もあります。
このような 私の作るメガネは 自分なりの 「民藝」としてのメガネではないかと思うようになりました。

過去には メガネを作る仕事で ひと月に1万枚くらい作ることもありました。 
しかし使う人の事を思わずに ただ設計図に従って メガネの問屋 商社の注文で作っていました 。
その時は いくら売り上げて どれだけ儲かったかという事が仕事でしたが メガネを作る喜びというものはあまり感じませんでしたが 現在のように 一つひとつ作ることで 工業製品から 手工業製品になってきた感じがします。
12kaku.jpg

  それぞれに 合わせて作るメガネ

「民藝」という言葉は知っていましたが まさか自分のやっていることも 知らず知らずのうちに 「民藝」を目指しているのかなという気持になります。

今日は あるコマーシャルで出ている 土井善晴さんの 料理教室を  ご覧ください
EDIT  |  00:04  |  日記  |  Top↑
2021.02.12 (Fri)

黒い やじろべえメガネ

先日「メガネが浮いてしまいます」という記事に出ていた フレームができました。

今回は 黒マットの色で 仕上げました。
P1010945.jpg


黒いフレームと言うのは 私のメガネでは 少ないのですが ご要望があれば 黒もできます。

クロのフレームは 清潔で シンプルなフレームに みえて 細い丸が 顔にかけたとき きれいなシルエットを描くと思います。


今回はメガネが浮いてしまうとのことで これまでのメガネに比べて ブリッジの位置をあげて カーブを深くして レンズ面を眼球に近づけるようにしたので メガネが 顔にしっくりくるのでは と 思います。

P1010940.jpg

  薄くシリコンゴムが 塗ってあります

ブリッジの裏にシリコンゴムを 薄く塗り 鼻により密着できると思います。

P1010951.jpg


今回のフレームは「黒」に こだわり 耳の木の部品も 「黒檀」にして 黒でありながら 天然の黒が 金属の黒とのコントラストが おもしろいと思います。

メガネが浮いてしまう と聞いた時は 正直 ショックでした というのは 御依頼の方の 顔もわからず 掛けてみた状態がわからないので
確認する術がなかったのです。 

同じ日本人でも 鼻の形 顔の形 目の位置 など わかっていたつもりでしたが やっぱり甘かったと思い 眼とレンズの距離などについても 再度お聞きすることにしました。  

P1010942.jpg


しかし 一般の眼鏡屋さんでは 一山のメガネについては  そこまで対応できないので メガネに掛ける人が 対応するしかないのが 現状のようです。

P1010962.jpg


しかし せっかく 一山のメガネをかけるのなら できるだけ満足してかけてもらう方が 掛けていても愛着が湧くのではと思い サンプルの段階で 良く確認していただく ようにしています。

P1010953.jpg


丸メガネをかけだしたら そのままズーッとかけて 知らぬ間に 2年3年 それ以上経ってしまう方も多いようで まさに 顔の一部になるのですから はじめにしっかり 合わせて 購入していただきたいものです。

さて 今日 思わぬ訃報が飛び込んできました。
ジャズピアニストの チックコリアさんが 亡くなられたとのことです。 思い起こせば 私がまだ高校生の頃でしたが まだジャズを聴きだした頃ですが 彼は サークルという実験的なジャズグループを結成したり マイルスのバンドでは 電気ピアノを弾いていたり そのあとリターンフォーエヴァーでは 何かしらハッピーなジャズをしたり どんどん変わって行く彼の演奏を聴いていました。 福井にも2回来てライブに行ったことがあり 彼の演奏を堪能した思い出があります。

今日は1970年ごろの 実験的なジャズをやっていた頃の演奏で お聴き下さい。まだ30歳ぐらいの頃の演奏です。
長い演奏なので さわりだけ お聴き下さい there is no greater love という曲です

EDIT  |  20:47  |  日記  |  Top↑
2021.02.10 (Wed)

均整のとれた メガネ に

やじろべえメガネというメガネの 特徴として 長くて細いテンプルがあります。

P1010969.jpg

1.2mmの細い線が 弧を描きながら 先に 木のボールがついている 姿 は なかなか均整のとれた姿だなあと 思う事があります。

やじろべえメガネは やじろべえという 玩具からヒントを得た メガネですが 英語で言うならば「バランス」というのでしょうか?

このように 均整がとれた姿に 昔から 研究している人が多くいたようです。
ウィトルウィウス

先日何気なく 画集を見ていたら レオナルド・ダ・ビンチ の ウィトルウィウス的 人体図という絵が出ていました。


これは 古代ローマ時代にウィトルウィウスという建築家が 神殿建築は人体と同様に調和したものであるべきという理念を ダ・ビンチが 描いたもので「プロポーションの法則」と言われる 絵画らしいです。

例えば 
掌は指4本の幅と等しい
足の長さは掌の幅の4倍と等しい
肘から指先の長さは掌の幅の6倍と等しい などと 描かれています。
そんな美しい形 バランス というのは 昔から 求められていたんですね。


メガネに話を戻しますと 今回 コマルのメガネのやじろべえのメガネにお問い合わせがありました。

P1010965.jpg

こんな小さな丸いメガネですが 長いテンプルが出ていて まるで生き物のようにも 思います。

P1010972.jpg

  黒いセル巻

P1010975.jpg

 表に黒い色付 裏にシリコンゴム付き

今回 御要望で 黒いセル巻 ブリッジには表には黒い色 裏には シリコンゴムを塗って 色のバランスも個性的というか うまく調和しているようです。

P1010973.jpg

こんな小さなメガネですが 掛けてみると テンプルは広く開き 耳にしっかり留まるので 掛けていても ちょうどいいバランスになっていると思います。

P1010981.jpg

私は メガネとしての プロポーションの良い 形になるのでは と 贔屓目ながら 思います。
ダ・ビンチも ウィトルウィウスも 黄金比を求め その形を探していたのではと思います  。
モノの形にも それなりの ピッタリの形があり それを 探しながら 作っていくのも おもしろいなあと この 絵をみながら 思います

さて 先日も書きましたが よく行くコーヒー豆屋さんのご主人は 音楽に詳しく 先日お邪魔した時は こんなCDがあるんですよと教えてくれました。    モーツアルトのピアノ曲ですが 私は モーツアルトはあまり聴いたことがないので その旨を言うと そんなことはないですよ 一度これを聴いてみなさい と教えてくれました
イングリッド・ヘブラーという女性のピアニスト で まだ生きておられる人で 92歳の方でした
ちょっと聴いたら なるほど スーツと 音が呑み込めるような 感じで 良いですね 。

有名な曲ですが 3楽章に 「トルコ行進曲」があります。 時間に余裕のある方は お聴き下さい。



EDIT  |  07:51  |  日記  |  Top↑
2021.02.06 (Sat)

剣道用の メガネ

私がいただくお問合せの中で多い お問い合わせは 専門的な使い方をするために というお問い合わせが あります。
ビリヤード

   ビリヤード用メガネ

弓道

  弓道用メガネ

例えば 弓道用 とか ビリヤード用 卓球用 オートバイのヘルメット用 講義の板書を書くときの特殊な遠近メガネ とか どれも 正式に決まった作り方ではないのですが それぞれ使う方のご要望をお聞きしながら いろいろと 試行錯誤しながら 作っていくメガネです。
 
剣道



今回も 剣道用のメガネという事で お問い合わせがありました。

この方 前にもお問い合わせがあり お使いになっているのですが 今回もうちょっと大き目のレンズで作りたいとのことでした。

また 面をかぶってしまうと メガネがいじくられないので メガネがずれず 鼻にピッタリ合って 特に 睫毛がレンズに当たらないように
してほしいとのことでした。

P1010925.jpg


鼻に当たる部分も鼻筋にあたるショックを弱めるために プラスチックキャップにシリコンゴムを塗り ずれにくくしました。

P1010922.jpg

また テンプルの耳の部分は 耳を巻くように丸めたカーブにしました
これで 耳にしっかり巻くようになります。


今使っている 前のフレームも とても気に入っていて 面をかぶっても メガネをかけているのを感じないようです。

P1010930.jpg

また 面をかぶると 耳の部分も窮屈なので 耳に当たる木の部品も できるだけ 薄くしてほしいとのこと


いろいろと ご要望を聞いていると まさに 御用達のメガネになります。
でも できてみると 普通のメガネと変わりません。 しかし 何度も打ち合わせをした結果のメガネです。

私は 剣道をしたことがありません 。 
それゆえ 経験したことにないことを 具体化したメガネにするのは 喜んでいただけると 作る者冥利に尽きます。

P1010933.jpg

でもいろんな方から 経験したことのない世界のために 道具として 便利の良いメガネを作るメガネは 私にとっても 世界が広がっていくようで 楽しみでもあります。

しかし このように 自分の思うようなメガネに出会う事は 難しいかもしれません。 これもまた いろんな御縁のおかげかもしれません。

そう言えば いつも行くコーヒー豆やさんの 御店主さんは とても音楽に詳しくて ロックからジャズはては クラッシックまで幅広くご存じで  先日 たまには こんな曲を聴いて コロナで落ち込まないで バーッと やってくださいね、 と 一枚のCDをいただきました
みるとローリングストーンズの 自分で選曲したもので この曲が好きなんです と教えてくれました。
タイトルは 「you can't always get what you want」という曲でした。 日本語訳では 「欲しいものがいつでも手に入るとは限らない」とでもいうのでしょうか? 

でも日本タイトルでは「無情の世界」というのですが メガネでも 自分の思うようなメガネに出会うとは限らないと 勝手に 思っていました。

EDIT  |  21:51  |  日記  |  CM(0)  |  Top↑
2021.02.04 (Thu)

どちらが 良いか?

昨年 購入していただいたメガネで 12角形のいわゆる マンレイ山というブリッジを付けたメガネがありました。

P1010904.jpg


縄手のテンプルで リムも細かい縄筋模様のものでした。
大変気に入っていただいたと思いますが 先日 こんな問い合わせがありました。

P1010906.jpg
  マンレイ山 (左右に鼻パッドが付いています)

左右に鼻パッドが付いていると 掛けていると鼻に当たって こそばい(くすぐったい) ので 一山のブリッジのフレームで作ってほしいとのことでした。

いつも 一山のメガネに慣れてしまっている方には 左右に鼻パッドが付いていると なんとなく 落ち着かないのかもしれません。
私も どちらが良いかという判断はできません それでは 一度作ってみて 比べてみようかと 思い 作ってみました。


P1010918.jpg


このメガネ 縄手と リムに細かい筋の入って 何か重みのある レトロチックな雰囲気で 作っていても 気に入っています。
P1010907.jpg

  一山の フレーム 鼻筋にちょんと乗せる


できてみると 一山のフレームも シンプルで いいなあと 思います。
一山に慣れている人にとっては 鼻筋にチョンと 乗って かけやすいと 思います。


これらの 二つのブリッジがありますが これらは メガネが大衆向けに作られる頃からある 古典的なブリッジです。
ただ 一山というのは先日もお話しましたが 掛ける方の鼻の形によって ブリッジの位置が変わります、


しかし マンレイ山というのは 左右に鼻パッドが付いているので 鼻パッドの調整で掛けごこちが変わります。
これから考えると 一山の方がもっと初期に使われたものではないかと思います。

P1010913.jpg

今となっては 流行やら 個人の好みがあるので どちらでもいいのですが 今回 2種類作ったことで 同じメガネでも味わい方が変わるんだなあと 思いました。

音楽の演奏で いろんな楽器があります。 その中で 手のひらにのるような楽器でいろんな音楽を表現することができるんだと この演奏を聴いていて思います。 ハーモニカです。 小さい楽器ですが その音色 テクニックは 底知れません。

今回演奏する トゥーツ シールマンス という人は 94歳で亡くなったそうですが 今日ご紹介する演奏は 90歳の時のものです。
映画「真夜中のカーボーイ」のテーマ曲ですが とても若く まさに 熟年の音に聴こえます。

P1010914.jpg
こんな暗さが このメガネにも 似合っているのかな

EDIT  |  17:47  |  日記  |  Top↑
2021.02.01 (Mon)

節分 と 節句 

今日から2月です。
1月は 入院であっという間に過ぎてしまいました。

気がつけば もう2月という事で チョッとびっくりしました。 

IMG_8636.jpg

それに明日は例年より一日早い 節分で これにもカレンダーが間違ってるのかなと思ったのですが 今年は 124年に一度の 一日早い節分という事です。

節分2


節分とは  立春、立夏、立秋、立冬 のそれぞれの前日をさします。という事で 一年に4回あるのですが 2月の節分は 豆まきなどの行事も加わって 有名になったみたいです。

それなら 節句という言葉もありますが 節分とは 違うのでしょうか?

ひな祭り

節句というのは 3月3日の 女の子のお祭りで 雛人形を出してお祝いするのが節句と思っていましたが調べると 年に5回 1月7日[七草の節句]  3月3日[桃の節句]  5月5日[菖蒲(端午)の節句]  7月7日[七夕]  9月9日[菊の節句] があるそうです。

よく似た言葉ですが 我々の習慣で 思っているものとはちょっと違うみたいですね

菱餅
菱餅

節句の餅というものがあります  菱餅というのですが この菱餅 何でひし形なのか それも 私にとっては 以前から 不思議でした 。

菱の実
  菱の実

菱の実というのは 不老長寿の実であるといことから それにあやかって ひし形にしたそうで 江戸時代になって 娘に災いが来ないようにということで 餅を 魔除け 厄除け 子孫繁栄を願って 3色の餅にして 娘の健康 厄払いに 雛人形に飾ったそうです。

2月になったばかりなのに 節分 節句の話から 3月の話になってしまいましたが 私も 自分で作ったひし形のメガネを思い出しました。

P1010881.jpg

私のひし形のメガネにも 3色あります。 別にその3色に 厄払い とか不老長寿とかの 意味があるわけではないのですが このひし形は知らぬ間に 女性の方に 好まれるようで 3月節句の メガネとでも 言うのでしょうか?

P1010894.jpg

たしかにひし形は 角張っていて 奇抜なレンズの形ですが この形は かえって顔のメリハリができて いいのではと思います。

P1010900.jpg

節分から 節句の話になり 菱餅からひし形のメガネに 話が コロコロ変わりましたが もうすぐ 春になるのかなと思うと 何かうれしくなります。
P1010901.jpg

さて 今日は 先日 ラジオで ショパンの曲の紹介で 「この曲は 皆さんどこかで聴いたことがあると思います。 ある胃腸薬のCMで使われています、 正式には ショパンの24の前奏曲 作品28より 第7番 イ長調 という曲ですが 知らぬ間に 胃腸薬のイメージが強くなってきたようです この曲の イ長調 というのが 日本では 胃腸調になったって 洒落にもなりませんね。」 という話でした。
調べていると なるほど イ長調が胃腸調か 偶然だろうけど おもしろいなあ と思い その曲をお聴き下さい。





EDIT  |  20:06  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |