2014年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2014.12.30 (Tue)

今年一年有難うございました。

、、、   
   フクロウ11

   フクロウ22

   フクロウ33


    今年も残すところ、あとわずかとなりました。
    冬には珍しい晴れ間の先日、職人Mがいつもの西山にて珍しいトリに出会いました。
    小鳥を追っていたら、なんと、そこにはフクロウの姿が。。 
    はじめは目を閉じていたようですが、職人Mに気付いて、うっすらと眼を開けたようです。
    こちらも思わずシャッターを切って、写真にパチリ!
    「こいつは朝から縁起がいいぜぇ~!」 だったに違いありません。
    喜び勇んで帰ってきました。

    ぬばたまの、、漆黒のように 先が見えない今の時代にあって、
    暗い夜でも良く見えるフクロウは心強い味方が現れたような気持ちです。
    フクロウは、福来郎とも不苦労とも書いて、とにかく、縁起モノに間違いありません。

    今年一年いろいろとお世話になりまして、本当に有難うございました。
    来る2015年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
    皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください!!

                                        (写真、いずれも職人M)

EDIT  |  21:40  |  日記  |  Top↑
2014.12.29 (Mon)

父の姿

凍てつく朝1

凍てつく朝3

昨日は、この冬には珍しいほどの快晴、しかしながら凍てつく朝で、
樹木の枝は樹氷となって、朝陽にキラキラ輝くまぶしいような朝の風景だった。
そんなお天気に恵まれた昨日は、正月のための餅つきの日、
手伝いを兼ねて、実家に向かった。

今年もまた、餅つきの日がやってきた。
餅つきと言っても、杵や臼を出してきてつくわけではない。
単純な仕組みの機械をブンブン回して、餅を作るだけだけれど、
昔の名残で、餅つきと呼んで、、そのままずっと来ている。
ただし、外で火をおこし、割り木をくべて、もち米をせいろで蒸すまでの、
下準備のほうだけは昔のままで、本当の火を使う。
かまどの担当は、軍隊も経験したことのある大正生まれの父の役目。
当たり前のように次々といい具合に蒸し上がるが、
なかなか難しいことだと思う。 側に立ってみると大変煙たい。 風向きも変わる。
一番下のせいろを取り出すには、上の三段を持ち上げねばならない。 アッチッチ、、重たい。
こんなことはもう誰も出来ないだろうと思う。
火加減も大変だ。 年に一回、同じことを繰り返してきて、来年は91歳になる。
体は細くなるいっぽうで気弱なことも言うけれど、
一方で いまだ威厳があって、まだまだ私にとっても恐ろしい存在だ。
何かを問いかけると、いつも思わぬ答えが返ってきて、なるほど、、と思うことがある。
アッと驚く名回答であることが多い。
黙って薪をくべ、火加減を見る父を眺めながら、
今年もまたこの風景を見れることを有難く思う私だった。
                                               職人K
もち
                            こねるのは私たちの役目
EDIT  |  14:54  |  日記  |  Top↑
2014.12.24 (Wed)

基本は丸メガネ

0022a.jpg

昨日、若い家族が帰ってきましたので、
出来たてのひし形やじろべえメガネを見せたら、、
「あれっ? うちは丸メガネの専門ではなかったの?」 と言います。
「そうよ。」 と言うと、
「あれやこれやといろいろしないで丸メガネ一本のほうが良い!」 と言います。
「もちろん、そうだけれど、、いろいろ新しいバリエーションもあったほうが良いからね。。」
「女性に親しみやすいのもあると良いから。」
「ふーーん、、」 と納得。
毎回、ブログで少ないながらもいろんなメガネを紹介してゆきたいと思うのですが、、
もちろん、基本は丸メガネ。 そして オリジナルのやじろべえタイプです。

ところで、今日は、病院での待ち時間の間に、
ちょっと興味のあった、白川静の漢字についての文庫本を読みました。
白川静(1910-2006)は、わが福井県の生んだ偉大な漢文学者。
その漢字の成り立ちを中国の殷の時代にまで遡って研究し、独自の解明を行った人物です。
2004年に文化勲章を受賞しています。
漢字がどんどん簡略化されて新漢字が採用されるようになると、
その本来の意味が失われているものも少なくありません。
簡単な右と左の漢字から始まって、右の左に対する優位性の理由や、
その成り立ちというものは、大変興味深いものでした。
例えば、辻という漢字も、パソコンの字の変換では、
最近は点が二つ付いてて納得いかなかったのですが、
字の成立からすると、一つよりも二つのほうが合っています。
「しんにゅう」の元の字形は古代文字のままで、道を行くことを表わしています。
羊という漢字や、口という漢字も、祭事と深い関係があります。
漢字が出現した時代は、神さまへの祭りごとが重要な時代でした。
そして、「真」という、まことを表わす漢字ですが、死の深い意味があります。
「死者は、それ以上は変化しないので、永遠のもの、真の存在として、「まこと」の意味となったのです。」
なるほど、、と思います。

漢字が沢山あって、このごろは漢字検定まである時代ですが、
そもそもの成り立った深いわけを知るということは、興味深くて親しみがわいてきます。
何ごとも、そのルーツということは大事にしなければならないと思いました。

                                                 、、、職人K

EDIT  |  16:57  |  日記  |  Top↑
2014.12.20 (Sat)

カラフルなやじろべえメガネ

、、、
     カラフルなやじろべえメガネ

       あらっ?! 素敵なメガネだこと。。 これもやじろべえメガネ?

         → → 「辻岡正美、丸めがねを作る」 をどうぞ!!

EDIT  |  20:30  |  めがね関連  |  Top↑
2014.12.18 (Thu)

やじろべえのマイ・メガネ

、、、
     自分用
     
      パソコン見てても、オーストリアをオーストラリアなどと読み間違えます。
      手元の細かい文字も、メガネ無しではおぼつかなくなっています。
      自分用のメガネ、思いっきりユニークな形でやじろべえメガネにしてみました。
      一枚だけの試作品です。 従来のひし形よりもやや四角の小さな玉型、、
      その分、ヤマ幅も広くとってあります。
      職人Mの昔に作った、丸でないところの試作品です。
      テンプルは、掛け外しを重視してやや短めにしました。

      うーーん、良い感じ! 掛け具合も抜群です。
      丸メガネはちょっと、、、という方にぴったり。
      女性用に良いかもしれません。 
      フロントはつや消しの黒、テンプルはこげ茶色となっております。
      地味な色合いですが、とっても知的!
      もちろん、黒でなくとも、カラー色も可能です。
      貴方だけのマイ・メガネ、やじろべえメガネでいかがですか?
      やじろべえメガネの掛け心地は、味わってみないとわかりません。
      ぜひ、一度掛けてお試しください。
      お問い合わせをお待ち致しております。

     自分用、正面
              ヤマ幅が広く、間が抜けた感じがとってもオシャレ!!です。

EDIT  |  19:48  |  めがね関連  |  Top↑
2014.12.16 (Tue)

小さいメガネ、コマル

、、、
    コマル再び
 
    30ミリの小さいめがね、通称コマルが、再び登場です。
    手元の文字が読みつらい時、サッと、あるいはおもむろに取り出してお使いいただくのに
    ピッタリのメガネかと思います。
    レンズ径は、30ミリ、鼻幅は、33ミリ、35ミリ、37ミリと3通りあります。
    色は、黒色、シルバー、アンテックゴールド、アンテックシルバー、のベーシックな展開です。
    テンプルはお顔にピッタリとフィットする、欧州でもお馴染みのバネテンプル仕様、
    一度手に取ってお試しください。

     コチラもご覧ください → → おもむろに取り出して、、小さいメガネ
 
   
EDIT  |  21:29  |  めがね関連  |  Top↑
2014.12.08 (Mon)

今日は晴れ

、、、
     今朝は快晴

     太陽
                               (冬の日差しは長い陰、建物二階にて)

      いつもより早い大雪も、今日は一服。
      朝から快晴で、まぶしい太陽の陽がさしております。
      昨晩は雨が降って、いくぶん雪量が少なくなったかと思いますが、
      やっぱり、雪を溶かしてくれるのは、この太陽さまです。
      有難いことです。 北風と太陽の話を出してくるまでもなく、そう感じられます。
      願わくば、この冷え切った日本列島全部をその偉大な光で包んで下され~!と、、
      心よりお願い申し上げます。  m(__)m

EDIT  |  13:11  |  日記  |  Top↑
2014.12.06 (Sat)

photo gallery、紅葉に雪

、、、、
  雪と紅葉5

  雪と紅葉2

  雪と紅葉4
  
   今年のまとまった雪は早いような気が致します。
   昨晩、激しい雷鳴とともに冬将軍がやってきました。
   朝起きたら、一面真っ白な銀世界です。
   近くの西山はまだ遅い紅葉が残っているところへの突然のドカ雪でした。
   滅多に見られない雪景色、、北陸の冬は無彩色なのですが、
   こちらは赤や黄色が見えて大変美しい雪景色となっております。

  雪と紅葉

                                        (写真、いずれも職人M)

EDIT  |  12:57  |  ART M  |  Top↑
2014.12.02 (Tue)

黄金の輝き?

、、、
      黄金の輝き1

       格調高い黄金の輝きを味わってみませんか?
       珍しいキュービックボウル状模様のリムの丸メガネです。
       リムの形状の美しさを引き立たせるために、
       本体はゴールドに、テンプルなど他は黒色にしました。
       派手な色構成ですが、
       漆黒の漆とロウソクの灯、金色が映えるような、不思議な印象です。
       師走は法師の何かとお忙しい季節、、
       以前、永平寺にお参りしたとき、
       若い修行僧の方はほとんどが黒のセル枠でしたが、
       本当は法衣をまとう方にお似合いだと感ずるメガネです。 
                     
      模様リムa

        珍しいキュービックボウル状模様リムのメガネ試作品については、
        右のサイトでどうぞ! → → → 「辻岡正美、丸メガネを作る」

EDIT  |  21:28  |  めがね関連  |  Top↑
2014.12.01 (Mon)

今日から12月

、、、、
     南天2

      今日から12月。 2014年も最終月となりました。
      天気も昨日とうって変わって今日から冬型に、、
      暖かい日差しの日がだんだん少なくなり、冷たい時雨れの日が多くなりそうです。
      振り返って見れば、今年も何かと激動の事柄が多かったです。
      いろんな分野で、また、いろんな場面で、光と影の部分が見られるようになりました。
      暖かい光が一部だけでなく、全体に行き渡りますように、、、
      そんなことを思うことが大変多くなってきた今日このごろです。
      南天の実もだいぶ赤く色付いてまいりました。 
      南天にあやかって、多くの難問が、良い方向に転じてくれますように。。。


EDIT  |  00:00  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |