2014年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
2014.06.21 (Sat)

シンプルラインS

、、、
     006シンプルラインS

     007シンプルラインS

      若い方からご依頼の、シンプルラインS、34ミリ、アンテックゴールドです。
      イチヤマタイプではなく、鼻パッド式。 真ん丸の鼻パッドが可愛らしいです。
   
      詳細は、→ → 職人Mブログ、「丸メガネを作る」をどうぞ!!

EDIT  |  15:23  |  めがね関連  |  Top↑
2014.06.18 (Wed)

ピーター・ポール&マリーの「時代は変わる」

                                 ピーター・ポール&マリー
                                  (若い頃のピーター・ポール&マリー)

先日の「丸メガネを作るー工場を整理する」のブログ記事に出てきた、
ボブ・ディランの「時代は変わる」の音楽について、
丸メガネのお客さまからメールをいただきました。
U氏、かつては自らもギターを演奏、
米国の1950年頃の音楽のジャンルであるブルーグラスミュージックに大変詳しい方。
U氏によれば、
この曲を作ったボブ・ディラン自身が歌っているのは、
聴衆への説得力では誰にも負けないけれど、
この曲の音楽性を最高に表現したのは、
Peter Paul & Mary(ピーター・ポール&マリー)ではないか、とのことでした。




 こちらの「The Times They Are a-Changin'」は、
 PPMの数多くあるアルバムに収められている幾つかのの中でも最高傑作であると思います。
 Maryさんは、ご承知の通り、かつては細身の体形にブロンドのロングヘアがよく似合う、
 まるでモデルさんのような女性でしたが、
 晩年はすっかり体形が変貌し映像に見られるような重量級に変身してしまいました。
 しかしながら、歌声だけは、かつてと変わらない力強くそして時には優しく表現力豊かな、
 まぎれもないMaryさんです。
 残念ながら、Maryさんは2009年に白血病のため72歳で他界してしまいましたが、
 この映像は1994年にPPM結成35周年を記念してライブ録音された、
 文字色「Life Lines」というビデオアルバムからのもので、
 このときMaryさんは59歳ということになります。
 この映像の中で、プラスワンで参加している、
 ジョン・セバスチャン(John Sebastian)のハーモニカがこれまた絶妙で、
 観客席で聴いているゴスペルシンガーのオデッタ(Odetta)が、
 涙もこぼさんばかりの顔で拍手をしている姿が印象的です。
   (U氏より)

なるほど、、
ピーター・ポール&マリーの「時代は変わる」、素晴らしいです。
ぜひ お聴きください!!

( U氏こそ、また 素晴らしい演奏、再開なさってください!!)   職人Kより
EDIT  |  22:40  |  日記  |  Top↑
2014.06.16 (Mon)

古い機械よ、さようなら!

、、、
   古い機械
   
    先日、工場の使っていない機械を業者の方に取りにきてもらいました。
    古くて、ずっしりと重みのある、旋盤の機械は、今では年代物、、
    私にはわからない歴史がいっぱい詰まっています。
     
     → → 職人Mブログ、 辻岡正美「丸メガネを作る」 をどうぞ!!   

EDIT  |  21:45  |  めがね関連  |  Top↑
2014.06.07 (Sat)

赤/黒の44ミリやじろべえメガネ

、、、、
     今日のtomorrow classic

      フロントは赤、テンプル部分は黒のコンビネーションのやじろべえメガネです。
      サイズは大きい44ミリ、特別サイズです。
      同窓会にかけてゆきたい、と女性からの御依頼でした。
      メガネの向こう側に並ぶ、なつかしい顔、顔、、、
      そんな場面に、 お役にたちましたでしょうか?
      同席させていただき、メガネも光栄に存じます。 m(__)m

      
EDIT  |  18:02  |  めがね関連  |  Top↑
2014.06.01 (Sun)

今日から6月

、、、、
   タケノコ2

   タケノコ1
                                                 (写真、職人M)
    今日から6月。 
    美味しいタケノコの季節も終わり、
    タケノコはどんどん天に向かって伸びてゆきます。
    その早さたるや、月日の過ぎるのと同様で、
    アッという間に 親竹と同じ高さになってしまいます。

    竹は 草であって草でなく、
    木であって木でもなく、
    竹は竹である、という有名な言葉は 上田弘一郎博士のもの。
    竹は実に不思議な植物であります。
    切られてからのイノチも、木と同様に大変長い。
   
    竹メガネを作りながら、竹素材に魅せられてしまった職人M。
    写真を撮っていると そんな いろんな思いが 頭をよぎるでしょうか。

                                                、、、職人K
EDIT  |  00:00  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |