2013年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2013.08.31 (Sat)

修理でよみがえるイノチ

001.jpg

壊れたメガネを預かりました。大きさやレンズを見るためのものですが、
「このメガネも何とか、使えるようにせなあかんなぁ、、」 と、職人M。
なかなか思うようにはいきませんが、
レンズはともかく、
今までのように使えるようになると、こちらもうれしいものです。

先日、前から気になっていた、福井市の道路沿いにある靴屋さんを訪ねてみました。
手書きの、「靴の修理致します!」の貼り紙、
どの程度まで直るのかなぁ、、といつも思ってました。
家には、若い家族のパンプスが何足もあるからです。
いずれも、かかとのヒールが斜めにすり減ったまま。
「直しときます!」の言葉に、さらに、
男物の靴の表面の色落ちも、直るかどうか、依頼することになりました。
翌日、出来上がったものを取りに行ってびっくり!!
いずれも見違えったようになっていました。
新しい丈夫な底が付けられて、ヒールの傷も目立たなくしてあります。
これなら、また喜んで履かれることになりそうだ、、とうれしくなったところです。
店主の長年仕事を続けての、おのずと伝わる雰囲気や、
お店にある年代物の機械もまた、良い雰囲気をかもし出していました。

靴も、メガネも、
いずれにしても、修理することで、よみがえる製品のイノチ、、
大事なことだなぁ、、と思いました。
                                         、、、職人K
くつ職人  by 職人K

kutu.jpg  職人M、お気に入りの靴

EDIT  |  15:22  |  日記  |  Top↑
2013.08.28 (Wed)

PEACE BED アメリカvsジョン・レノン

ジョンレノン
            丸めがねのジョンレノン

先日、BS放送を観ていたら、
丸メガネでお馴染みの、ジョンレノンについての特別番組をやっていた。
ジョンレノンが熱烈ファンとされる者の銃弾に倒れるまで以前の、
ジョンとヨーコの米国での暮らしの真相にせまり、映画化されたものが、
「PEACE BED アメリカvsジョン・レノン」 。
関係者やヨーコが当時のことを振り返って、
証言をはさみながら進めてゆくドキュメンタリーで、大変興味深い番組だった。

それによると、当時の米国は、ニクソン政権。
戦争より、平和を、、のメッセージで、若者を中心に絶大な支持を得るジョンレノンは、
政府にとっても、何かとけむたい存在、だんだん脅威に感じていた。
一時は、国外退去命令まで出ていたという。
知られざる、ジョンレノンvs巨大なアメリカという構図があったという。
ジョンレノンやヨーコ自身も、大変身の危険を感じていたとふりかえる。
そのころからすでに監視、盗聴もあったという。

最近になって、米国のCIAやFBIを動員したNSA(国家安全保障局)のやり方が、
世界の批判の的となっている。
つい先日は、米国からロシアに脱出した、スノーデン氏筋によると、
国連での各国の情報まで盗聴していたということが明らかになり、
物議をかもし出したところ。
ジョンレノンの生きていた40年以上も前からすでに、
そのようなことが行われていたことがわかる。

ジョンレノンのかつてのカッコいい曲、
「GⅠMME SOME TRUTH」(真実が欲しい) は、
今あらためて聴くと、とてもリアリティーがあるように思う。
                                       、、、職人K

EDIT  |  06:18  |  日記  |  Top↑
2013.08.25 (Sun)

黄金の季節

、、、
     黄金の実り
                                2013,8.25 鯖江市郊外

      長い間、お休みをいただきました。
      気が付いたら、田んぼの稲がずいぶん黄色くなっているところがあります。
      こちらでは,極早生品種、ハナエチゼンの収穫が始まり、
      出荷がすでに始まっているようです。
      人間には厳しいこの猛暑も、稲の生育には大変良かったようで、
      品質も最上級ランクの評価と聞いております。
      猛暑でも、こちらでは比較的に水量が恵まれているせいかもしれません。
      ところによっては、大洪水や雨嵐、また、あるところでは、
      雨が極端に少なくて 作物にはもちろん、
      飲み水さえままならないところもあると聞きます。
      要らぬところにはこれでもかとこれでもかと降り注ぎ、
      要るところにはなかなか届きません。
      これが、世の習いでしょうか。
      私たちは、
      あるときは過酷な面に苦しみ、厳しさをかみしめながらも、
      いつもは、自然界の大きな恵みをふんだんに受け取っています。
      そうしてイノチをつなぎ、生き長らえさせてもらってます。

      とりわけ、日本人は、この黄金の稲の実りの風景ととに暮らしてきました。
      この黄金の風景が、いつまでも続いて残りますように、、
      そう願わずにはいられません。
                                       、、、職人K
EDIT  |  18:12  |  日記  |  Top↑
2013.08.07 (Wed)

残暑お見舞い申し上げます。

、、、、
      翅やすめ
                                ハス田にトンボ (写真、職人M)

      暦の上では、今日は、はや 立秋とのことですが、
      相変わらず モーレツな暑さが 日本列島をおそっております。
      35℃を超える地域も多くあるようです。
      皆さま、お体にはくれぐれも気を付けて、お過ごしください。

      当ブログも、夏休みをいただき、
      しばらくの間、更新を休まさせていただきます。
      どうぞ よろしくお願い申し上げます。
                                        、、、職人K
   
EDIT  |  00:01  |  日記  |  Top↑
2013.08.01 (Thu)

今日から 8月

、、、
      セミ1

     今日から8月。 本日、こちらでも、未明から朝方の雨はものすごい雨だった。
     相変わらず、ゲリラ降雨なるものが日本列島のあちらこちらを襲っている。
     気象庁の天気に関する表現も、「これまでに経験したことの無いような、、」から
     「イノチを守る行動を、、」というような言葉まで出たという。
     本当に天変地異の激しい時代に入ったものだと思う。

     今年は、夏が来たというのに、全国的にセミの鳴き声が聞かれないという。
     地中に何年もいるセミは、出てくる年を考えるらしく、
     大地震などが起きる年には出てこないのでは、、との心配の声があるようだが、
     こちら北陸では、最近聞こえ始めてきて、ホッと一安心。
     雨上がりの裏庭に出て見たら、
     茶色いアブラゼミの抜け殻が、ここにも、あちらにも、、、と沢山見つけられて
     幼い時の頃のようにワクワク、、うれしい気分になった。
     今年の夏も無事に過ぎてくれて、
     これ以上、大きな災害など起きませんように。
                                       、、、職人K

       ◎ 8月、職人Mブログ、「丸めがねを作る」更新しています。


   semi6.jpg  セミ4

   セミ3  セミ2

EDIT  |  09:24  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |