FC2ブログ
2012年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
2012.06.30 (Sat)

紫陽花革命、原発再稼働抗議デモに20万人?

足羽山のアジサイ

毎週金曜日に行われているという、官邸前での原発再稼働反対!の抗議デモは、
前々回、前回と、そして昨日の6月29日にはだんだんと規模が膨れ上がり、
その数、15万人、あるいは20万人であったという。
ごく一部を除いて、主なメデイアは、なぜか その正確な数を報道しない。
それにしても、ものすごい数の人であると思う。
先ごろ決定した大飯原発の再稼働で、この7月1日にも原発が動き出すのを前に、
多くの人の、何とかそれを阻止したいという思いや危機感の表れだと思う。

今回の集結は、組織や団体などだれかに強いられたものではなく、
ツイッターやフェイスブックなどインターネット上での呼びかけに、
一人一人が自分の意志で集結したものであるという。
東京の官邸前だけでなく、
大阪の関電本社前などでも行われ、
今後、日本国内50か所以上ある原発を前に、
全国でこの動きは展開されそうな気配となってきた。

新しいITツールを媒体として広まった抗議デモは、
チュニジアから始まったジャスミン革命を皮切りに、
「アラブの春」ともいわれる中東での民主化運動に次々と火をつけることになったが、
いよいよ 日本でも その動きが出てきたようだ。
ただし日本においては、ルールを乱すことなく整然と平和的に行われた模様で、
赤ちゃんや子供連れまでみられるのは、驚きだ。
とりわけ若い世代が多いのは、次世代に対する不安と責任からくるものだと思う。

報道によると、官邸内の野田首相には、
「大きな音だね、、」との声だけで、
残念ながら、人々の切羽詰まった思いは 何も伝わらなかったようだ。
だからこそ、これからは、
人々のその思いをしっかりと受け止めた人物が、
加えて言うならば、
「原発再稼働反対」、「消費税増税反対」、「TPP反対」の、
三つの反対を受け止めた人物が、
日本の政治を動かしていくことになるのではないだろうか。

つい先日は、フクシマ1号機の格納容器のある建屋内で、
10000ミリシーベルト(10シーベルト)という、かつてない高い放射線量が計測されたと聞く。
もちろん、ロボット計測にて、
人間のほとんど立ち入ることが出来ない状況とのこと、
フクシマの厳しい現実は 私たちに重くのしかかる。
原発について深く知る専門家である識者の意見を、
一人でも多くの人が もう一度聞くべきであると思われた。

                                     、、、職人K

                       小出氏
     6月28日、小出裕章氏、
     「原発危険度ランキング」・1号機地下トーラス室で10.3シーベルトについて語る
  

EDIT  |  15:07  |  社会経済  |  Top↑
 | BLOGTOP |