2012年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
2012.06.30 (Sat)

紫陽花革命、原発再稼働抗議デモに20万人?

足羽山のアジサイ

毎週金曜日に行われているという、官邸前での原発再稼働反対!の抗議デモは、
前々回、前回と、そして昨日の6月29日にはだんだんと規模が膨れ上がり、
その数、15万人、あるいは20万人であったという。
ごく一部を除いて、主なメデイアは、なぜか その正確な数を報道しない。
それにしても、ものすごい数の人であると思う。
先ごろ決定した大飯原発の再稼働で、この7月1日にも原発が動き出すのを前に、
多くの人の、何とかそれを阻止したいという思いや危機感の表れだと思う。

今回の集結は、組織や団体などだれかに強いられたものではなく、
ツイッターやフェイスブックなどインターネット上での呼びかけに、
一人一人が自分の意志で集結したものであるという。
東京の官邸前だけでなく、
大阪の関電本社前などでも行われ、
今後、日本国内50か所以上ある原発を前に、
全国でこの動きは展開されそうな気配となってきた。

新しいITツールを媒体として広まった抗議デモは、
チュニジアから始まったジャスミン革命を皮切りに、
「アラブの春」ともいわれる中東での民主化運動に次々と火をつけることになったが、
いよいよ 日本でも その動きが出てきたようだ。
ただし日本においては、ルールを乱すことなく整然と平和的に行われた模様で、
赤ちゃんや子供連れまでみられるのは、驚きだ。
とりわけ若い世代が多いのは、次世代に対する不安と責任からくるものだと思う。

報道によると、官邸内の野田首相には、
「大きな音だね、、」との声だけで、
残念ながら、人々の切羽詰まった思いは 何も伝わらなかったようだ。
だからこそ、これからは、
人々のその思いをしっかりと受け止めた人物が、
加えて言うならば、
「原発再稼働反対」、「消費税増税反対」、「TPP反対」の、
三つの反対を受け止めた人物が、
日本の政治を動かしていくことになるのではないだろうか。

つい先日は、フクシマ1号機の格納容器のある建屋内で、
10000ミリシーベルト(10シーベルト)という、かつてない高い放射線量が計測されたと聞く。
もちろん、ロボット計測にて、
人間のほとんど立ち入ることが出来ない状況とのこと、
フクシマの厳しい現実は 私たちに重くのしかかる。
原発について深く知る専門家である識者の意見を、
一人でも多くの人が もう一度聞くべきであると思われた。

                                     、、、職人K

                       小出氏
     6月28日、小出裕章氏、
     「原発危険度ランキング」・1号機地下トーラス室で10.3シーベルトについて語る
  

EDIT  |  15:07  |  社会経済  |  Top↑
2012.06.26 (Tue)

すべてのものに時がある

梅の実

近くにある梅の実が黄色く色付いている。
今は梅の実の収穫の真っ最中、ちょうどそのシーズンだが、
ここはちょっと熟れるのが早いのだろうか。
もうとても美味しそうな色になっている。
こんな熟れた状態の梅なら、
梅干しにしても最高、ジャムや御菓子にしたり、
また、そのまま生で食べても美味しいのでは、、と思う。
まだ青い梅はうっかり食べると毒があって、とても危険な時期があることを、
子供の頃からよく聞かされてきた。

若い時にファンで読んだ曽野綾子のベストセラーの本の中にも、
この梅の実についての記述があって、今でもよく覚えている。
いつも黄色くなった梅を見るたびに その一節が思い出される。

   もう三年遅くめぐり会っていれば、あるいは結婚したかもしれない相手と、
   少しばかり早く会いすぎることもある。
   
   しかし同じ梅の実でも未熟なものは、危険なのだ
   同じ相手でも、時が来ぬ前の恋はうまくいかない。
   道標は暗い夜道を歩くものの心をとらえるが、
   そこへ向って突進したらやはり飛行機でも船でも航路を踏みはずす。
   道標は静かに見送って走らねばならないのである。
   それがいかに辛くとも。               
 
                     (曽野綾子著、誰のために愛するか、より)

そしてクリスチャンである著者は、旧約聖書の一節の言葉を紹介していた。

   天の下のすべての事には季節があり すべてのわざには時がある
   生まれるに時があり  死ぬに時があり
   植えるに時があり   植えたものを抜くに時があり
   殺すに時があり    いやすに時があり
   こわすに時があり   建てるに時があり
   泣くに時があり    笑うに時があり
   悲しむに時があり   踊るに時があり
   石を投げるに時があり 石を集めるに時があり
   抱くに時があり    抱くことをやめるに時があり
   捜すに時があり    失うに時があり
   保つに時があり    捨てるに時があり
   裂くに時があり    縫うに時があり
   黙るに時があり    語るに時があり
   愛するに時があり   憎むに時があり
   戦うに時があり    和らぐに時があり


なるほど、、と、
何ごとにおいても「時」のあることを、この年になると つくづく思うことがある。
「時」の味方なしには、何ごとも 成功しないということも。
今の政治状況はどうだろうか。
正義を実現しようとする人物に、はたして「時」の味方はあるだろうか。
         
                                、、、職人K

   梅の実が色付く
                     黄色く色付いてきた梅の実が美しい
EDIT  |  22:44  |  日記  |  Top↑
2012.06.23 (Sat)

アジサイの花の季節

足羽山のアジサイ

アジサイの花の美しい季節となった。
雨が降って、この1週間でずいぶん花が色鮮やかになったという。
今日は、短い時間を利用して、
福井市にある足羽山まで出かけてみた。
ここは、アジサイの名所として県内でも知られるところ。

夕刻ではあったが、淡い色から濃い色まで、、
花の群となって、
また一つの花そのものにも、
色の濃淡が美しく現われていて、素晴らしかった。

ピンク系  ブルー系  ブルー色群

東京では、この花の時期にちなんで、アジサイ革命なるものがあったと聞く。
6月22日、首相官邸前では、「反原発、再稼働反対」を唱える人々の、
4万5千人もの抗議デモがあったという。
こちらの、ヒトの輪のほうもどんどん増えて 大きなうねりとなってきたようだ。

                                     、、、職人K

  6/22 紫陽花革命 45000人   
  http://ceron.jp/url/www.youtube.com/watch?v=m40PJZcWmVg

EDIT  |  22:05  |  日記  |  Top↑
2012.06.22 (Fri)

夏至の日、過ぎる。

                                                        、
                今ごろは  咲いているかな  サンカヨウ
       サンカヨウの花a
                   高い山への登山道に咲く清楚なサンカヨウの花、
                            2010年 (写真、職人M)


       昨日、6月21日は夏至の日だった。
       一年で昼の長さが一番長い日。
       雨模様の梅雨の頃にて 日中の長さがなかなか実感出来ない。
       夏もこれからがいよいよ本番に入るところなのに、ちょっと意外な気がする。
       この日を境にまた冬至に向かってだんだん昼の長さが短くなってゆくわけだが、
       そのことを聞くと今度は何かしら焦るような気持ちにもなる。
       あれほど暖かくなる季節を待っていたのに、
       まだまだ過酷な暑い夏があるにしても、暦はもう反転している。
       月日の過ぎるのは本当に早い。
       まさに光陰矢の如し、だ。
                                     、、、職人K
EDIT  |  22:50  |  日記  |  Top↑
2012.06.21 (Thu)

tomorrow classic 今、昔

丸メガネ、2007年

tomorrow classic シリーズのいちばん最初の丸メガネです。
このタイプは、多少なりとも改良を重ねて、
細リムタイプの定番となっています。( 38ミリ、40ミリ、42ミリ)

kyoto.jpg

いちばん最初の試作品は、このシリーズのきっかけともなった、
知性と学問の殿堂、京都大学時計台ショップに、しばらくの間、置いていただきました。

丸メガネ、2012年

今 いちばん新しいタイプの、29ミリ、やじろべえタイプの丸メガネです。
      (アンテイックシルバー、テンプル先はメイプル財)

チタン削り出し板枠の太いものから
細いタイプの細リムclassic、さらにやじろべえタイプまで、、
幅広く揃えて 丸メガネの御用命をお待ち申しております。
よろしくお願い申し上げます。

EDIT  |  08:37  |  めがね関連  |  Top↑
2012.06.19 (Tue)

インテグリティー(Integrity) ということ

このブログを書きはじめたのは2007年、ちょうど丸5年が過ぎようとしている。
おかげさまで、その間、丸メガネもずいぶんバラエテイに富んだものになった。
そして多くの方々と出会うことが出来たことは、本当にうれしく有難いことだ。
これから目出度く6年目に入るところだが、
その間、私たちを取り巻く環境も大きく変わった。
自分たちのまわりだけでなく、世界情勢も大きく変化している。
100年に一度といわれた今回の大恐慌、
その発端となったサブプライムローン問題も2007年から始まった。
続いて2009年のリーマンショック、加えて
日本では2011年の東日本大震災、フクシマ原発事故が起きてしまった。
このような、歴史に残るような激動の乱世にあって、
いったいこれから先どのような社会になるのやらと、
くる年もくる年も不安で仕方がなかったが、、
ここへきて思うことは、
何ともため息の出るようなことばかりの社会になってしまったことだ。
昔には考えられなかったようなことが、あまりにも多い。
特に政治の場においてはそうだ。
激動の時代が続いて、行くところまで極まると、ひどいことになると思った。
何もかもが劣化してきている。
正直いって、今、何もかもにひどく落胆してしまっている。
そう思うのは、私一人だけではないはずだ。
あきれるのを通り越して、もう笑いさえ出てくる。

識者によると、
リーダーに最も必要とされる資質は、「インテグリティー、Integrity」。
誠実で何事も首尾一貫していること、であるという。
なるほど、、今の政治を見ていて、
誰一人として、それを持ち合わせてる政治家はいないようだ。
今の日本は、リーダー不在ということだろう。

Integrity、覚えておきたい言葉だと思った。
                                   、、、職人K

           羊とヤギのデモ
                 あちこちで抗議デモ、ついに動物までも?(外国)

EDIT  |  23:05  |  社会経済  |  Top↑
2012.06.16 (Sat)

おかげさまで元気です。

                                                               、
    キジ、2羽
                                  二羽のキジ (写真、職人M)                                          

      暦を見れば、もう、はや6月の半ば、、
      まわりを見わたしても、緑一色で、すっかり夏の景色となりました。
      月日の過ぎるのも本当に早いものです。
      職人Mが突然体調を崩したのは、厳しい寒さの中でした。
      あれから6カ月、、皆さまの温かい励ましを頂戴しまして、
      おかげさまで、日に日に体調も回復して良くなってきております。
      有難うございます。
      まだまだ二人三脚の毎日ではありますが、
      今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

EDIT  |  11:25  |  日記  |  Top↑
2012.06.11 (Mon)

見習いたい風景

水田にて1
            (おかあーさん!、なあに?、、と思いきや、、)


街中から郊外へ一歩出てみると、今、稲作の水田が青々としてとても美しい。
ちょうどこの時期、農耕地は、稲の緑色と、
転作の麦の実りの黄色との、二色のどちらかで埋め尽くされているような感じだ。
麦は刈り入れの最中のようだが、
水田の稲のほうは、田植えの苗がしっかり定着して、その株がすくすく成長しているところ。
眩しいほど鮮やかな緑一色の中に、数羽の白い鳥の姿がある。
緑の中で、その白い身体がいっそう目立つのは、アオサギ。
白一色ではなく、グレイや青の色が確認されるから、これはアオサギだ。
その近くで一回り小さな鳥も見える。
身体の半分が、稲の中に隠れて見えないから、アオサギよりも背丈はずっと小さい。
一つ、二つ、、数えたら7羽もいる。
アオサギのほうは2羽いたので、これはひょっともしたら親子?
小さいほうは幼鳥かもしれないと思った。

一緒にそこを通りかかった職人Mが、
「口ばしの色が違うようだぞ!」 とカメラを覗きながら、言う。
「いいえ、きっとツガイの親2羽と、7羽の子供たちよ!」 と私が言う。
トリに詳しい若い家族とは違って、私は鳥についての知識があまり無い。

して、正解は?

水田にて2
                   (左、アオサギ    右、ゴイサギ)

カメラに映し出された姿は、、
小さなほうの頭の後ろにペンと下がる白い羽毛(冠羽)が証拠、
小さいほうは、アオサギの幼鳥ではなく、ゴイサギだった。
同じサギの仲間同士だが、その種は全く違う。
多くのトリがいるこの水田は、他のところと何か違っていて、
エサが特に多いのかもしれないが、
アオサギとゴイサギが、
まるで親子と見間違うほど仲良く共存している姿は、、
これは、ぜひ、人間も見習わねばならない風景だと思った。

                                   、、、職人K

EDIT  |  22:39  |  日記  |  Top↑
2012.06.09 (Sat)

本日、梅雨入り

                 剪定の済んだ霧島
                                  剪定の済んだ、霧島ツツジの大きな株

剪定の済んで、丸坊主みたいに涼しげになったツツジの株に、雨が落ちている。
ここしばらく晴天続きだったので、久しぶりの雨はうれしく感じられるが、
気象庁によると、はや北陸地方も梅雨入りしたとのこと、
またじめじめとした苦手な季節の到来だ。

すっきりしたツツジの株とは違って、
私の気持ちはとても重く沈んでいる。
昨日の夕方にあった、野田総理の原発再稼働宣言のせいだ。
さらに、福井県は、その発表を受けて、来週中にも同意、
止まっていた大飯原発がまた再稼働する見通しだという。
EDIT  |  14:18  |  日記  |  Top↑
2012.06.06 (Wed)

自然の美

ギボウシ

初夏、庭のギボウシの葉もずいぶん大きくなって茂ってきました。
まだ花の茎は伸びてきていませんが、
よくよく見てみると、大きな葉の葉脈はとても美しいラインとなっています。
マティスの言葉にあるように、
自然界はとても美しい、とつくづく思います。

   いつも自然をよりどころとするように習慣づけているんだ。
   重要なのは注意を集中することだ。
   葉っぱがどのようにできているか、
   小葉が葉柄にどういうふうにつながっているか、
   どんなリズムで葉が分布しているか、といったことを、きちんと見きわめることだ。
   東洋では、葉の間の空間も葉自体と同じように重要視されている。
   それぞれの植物はひとつの宇宙であり、その組織の秘密を保持している。
   その秘密は研究を通してしか明かされない。

   自然はひじょうに多くの美を私たちに与えてくれるが、
   私たちはもうそれに驚かなくなっている。
   もう見ようとしないんだ、無感動になってしまって、、、
                                   (マティスの言葉より)


マティスの言葉を思い出しながら、
葉っぱに見入っていたら、、ある美しいラインを思い出しました。
ギボウシの、やわらかな、その大きな葉の上に、
出来上がったばかりの やじろべえメガネを、そっと置いて見ると、、
こちらのテンプルラインもまた beautiful!!なのでした。 (^^ゞ
                                          、、、職人K

つや消しシルバー、やじろべえ
           やじろべえメガネ、42ミリ、シルバー(砂打ち仕様)

EDIT  |  23:11  |  日記  |  Top↑
2012.06.03 (Sun)

初夏の顔ぶれ

散歩道の花2
                              (まだ蕾の固いササユリ)


近くの西山の散歩道、、
このところ、休日にはよく 職人Mのお伴をしながら 訪ねることが多くなった。
すると、1週間ぶりに歩くだけでも、
その散歩道の脇を彩る小さな花や木など、、ずいぶん配役が変化している。
もう早六月、、と思ったら、ちゃんとこの季節を彩るような花や木が、
いつの間にか 登場してきているのには驚きだ。
今の季節なら、ササユリ。
しかしながら、ここ数年、
人目につくところのものは、残念ながらどんどんその数が減ってきている。
いつもここを通る人ならば、誰でも、その清楚で美しい花の姿が楽しみなのに、
咲いたあとから切って持ち帰る人があるからだと聞く。
そんな人は、自分一人だけのものと勘違いしているのだろうか。
一時的に所有してみたところで、ほんの数日で終わってしまう。
また、これからのササユリの存在そのものを根こそぎに失くしてしまうことにもなる。
いずれにしても、大変罪深いことだと思う。
そろそろ蕾が開くころ、、と思って楽しみに行くと、
もうそこにはその姿が無い、、ということがある。
切られた跡があったり、、あるいは根こそぎ無くなっている場合もある。
実は今日もそうだった。 とても悲しくなってくる。
この固いツボミのササユリだって、いずれそうなるかと思うとため息が出る。
どうか、この美しさを、一人でも多くの人が共有して見ることが出来ますように、、
また、心無い人でも、そんなふうに考え、心を入れ替えてくれますように、、
そう思いながら、まだ蕾のササユリを、そっと後にした。
緑一色となった景色の中で、
注意しながら歩いてみると、いろんな植物たちがそっと登場し、
ここ一番の出番に向けて 静かに待っているかのようだった。

EDIT  |  19:45  |  日記  |  Top↑
2012.06.01 (Fri)

今日から六月

丸メガネ、6月
       tomorrow classic、アンテイックシルバー、40□34                

いつもおそばに丸メガネ、、
六月、最初の丸メガネは、ヤマ幅をやや広くとの御依頼の丸メガネです。
梅ちゃん先生のお父さんの丸メガネも素敵ですが、
同じ丸メガネでも、昔に比べて、全般に玉型がやや小さめなところが、
今風で 新しいところでしょうか。
その名のとおり、tomorrow classic を感じていただきたいと思います。
山幅が広いところが、見た目にも、
ちょっと横長に感じられて とっても御洒落、
素敵な丸メガネとなりました。

山つつじ
                  深い緑の中に自生する、山つつじ

EDIT  |  00:01  |  めがね関連  |  Top↑
 | BLOGTOP |