2012年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月
2012.02.28 (Tue)

凍る朝

雪の上

今朝はかなり冷え込んだが、
朝から日が射して、寒かった昨日よりは天気が良い。
これからは、このような寒暖を繰り返しながら、だんだんと春になっていくのだろう。
明日あたりから、また東京でも雪のチラつく冬への戻り天気であるというが、
早く暖かい春が来てほしいと思う。

朝の陽の光にいちだんとまぶしく光る雪を見て、
「もしかしたら、、もしかして、、」
そう思い付いて、積った雪の上へおそるおそる乗って歩いて見たら、、
「やったあ!!」 思ったとおり、
こんな朝は雪が凍っていて、足が雪の中に沈むことなくスイスイ歩ける。
シャリ、シャリ、、と雪を刻む音がして、軽く足跡が付くだけ。
子どもの時は、こんな朝がとても楽しくて、ワクワク面白かったことを覚えている。
道を歩かなくても、最短距離にて どんなところでも行けた。
こちらでは、こんな雪乗りのことを、「おしょり」とか「おしょしょり」とか言う。
ただし、朝早い時間のみの楽しみ。
やがて時間が経過すれば、長グツの深さどころか、
足の付け根までも深く、雪の中に足が入って埋もれてしまう。
早朝の時だけかなう、自然の中での、子どもの楽しみであった。

今は、こんなことをしている子どもの姿を見たことが無い。
今の子どもたちの遊びや楽しみは何だろうか。
つい数十年前までは、神社や寺の境内など、屋外で多くの子どもたちが遊んだ。
今は、何もかもが うんと様変わりしてしまった。
それが、しあわせなことなのか、そうでないことなのか、、
何とも、一言では 言えないと思う。
今の時代から比べれば、不便なことばかりだったが、、
ただ、その一方で、良い点もたくさんあったことは確かだ。
今朝はそんなことをフッとなつかしく思い出した朝だった。

                              、、、職人K

スコップの芸術
      こちらは、家の前にある、スコップ跡の残る雪の塊
冬の太陽
                    だんだん春の日差し?
EDIT  |  22:33  |  日記  |  Top↑
2012.02.25 (Sat)

桃の節句

桃の花開く

今年もまた桃の節句の季節がやってきた。
こちら雪国では、まだまだ屋外での桃の花は望めないが、
この時期に合わせて、スーパーの店先には桃の花の枝がたくさん並んでいる。
プクンと膨らんだピンク色の大きな蕾が枝にポツポツ付いていて、
花はもちろんのこと、桃の枝そのものがとても可愛らしい。
早速、お雛さまと一緒に飾った。
毎年、一年に一回出して飾るお雛さま、
今年こそはと願いをこめて、、 (^^ゞ
                           、、、職人K

桃の花

EDIT  |  17:11  |  日記  |  Top↑
2012.02.24 (Fri)

紫檀材のやじろべえ

やじろべえと紫檀

紫檀の素材

今回出来上がったやじろべえメガネのテンプル先の木製の耳当て部分は、
紫檀(したん)材です。一般的に、重く、硬く、光沢が有り、
古くから工芸品の材料として良く知られる三大唐木の一つ。
今回は、御依頼により、この紫檀材を使ったやじろべえメガネとなりました。
職人Mの手作りのものです。

金属のメガネに、木の素材が加わると、温もりのある雰囲気となります。
最近、木の良さがあらためて見直されていますが、
それは、木はかつて生命があったものだからだといいますが、
なるほど、、と思います。
                               、、、職人K

EDIT  |  20:30  |  めがね関連  |  Top↑
2012.02.20 (Mon)

平成のゴッドハンド

先日、天皇陛下の心臓の冠動脈バイパス手術が無事終わって、ホッとしたところだが、
今日は、集中治療室(ICU)から病棟の特別室に移られて、
はじめての食事もとられたとのこと、本当に良かった。
手術にあたっては、東大と順天堂大の、その道のスペシャリストが合同で組み、
万全の態勢にて執り行われたようだ。
手術後の医師団の記者会見は、聞いていて、こちらも本当にうれしかった。
それに続いて、執刀された平成の名医なる人物のプロフィールなどが、
テレビで 繰り返し報道されて、話題となっている。
スタジオに実際にその模型を出してきて、その手術が、
実に細かい、高難度の技術であることを専門家がわかりやすく説明している。
医者であると同時に、高度な職人技の域でもあるという。
中でも、順天堂大の天野篤医師は、これまでの手術数4000以上といい、
その血管を縫合する高度な技術、早さ、経験、瞬時の判断はぴか一で、
その道の、まさに平成のゴッドハンドであるという。

しかしながら、これまでの経歴は、決して、最初からのエリート人生ではなく、
受験に3回失敗してやっと医学部に合格したことや、
医局にとどまらず、各地の病院をわたり歩いて武者修行し、その腕を磨いたこと、
また、実の父親が心臓疾患があったことがこの道を志した動機であることや、
社会復帰出来てこそ手術がはじめて成功といえることなど、、
聞いていて、なるほど、、さすがだ、と思うことばかりだった。

このような医師ならば、患者にとっても本当に心強い。
陛下の受けられた今回の手術のことは、
ついこの間の職人Mの手術のこともあって、何かと共通点が多く、
報道を聞いていても、興味深いことばかりだった。
このような名医のおられるおかげで、どれだけ多くの人の命が救われたことだろう。
本当にうれしくなってくる。 とても有難いことだと思う。

今回、私も身近に全く同様な経験をしたので、その有難さが身にしみてよくわかる。
こちら福井にも、天野先生と同じような名医がおられて、大変お世話になった。
大変な幸運だった。 限られた時間との闘いの中、
私たち家族にとっては、まさにゴッドハンド、
大事な命を取り留めていただき、今日という現在がある。
記者会見を見ていると、自分のことのように思われて、感謝の念がわいてくる。
近ごろは、医師を志しても、
心臓外科や産婦人科など、、リスクがともなう分野を志望する人は段々減りつつあるという。
そんなことになったら、救われる人もまた少なくなって大変なことになる。
今回のことで、天野医師のような医者を志す若者がどんどんと増えてほしいと思う私だった。

                                          、、、職人K

    Black_Jack.jpg
    こちらもゴッドハンド? 手塚治虫のブラックジャック                   
EDIT  |  22:58  |  日記  |  Top↑
2012.02.17 (Fri)

再び雪

雪、再び
               松の枝葉に付いたばかりの柔らかな雪
雪、再び
              庭の大きなつつじの株の雪囲いに降る雪

ここ 二、三日、穏やかな日が続いたのに、
再び、大雪の気配。 またまた本格的に降って来た。
夕方からかなり激しくなってきたが、
夜、外に出てみたら、外はどこもかしこもすっぽり真っ白な雪におおわれて、
知らない間にもう15~20cmは新たに積っている。
明日、起きてみると、またまたもっとびっくりすることになるのだろうと思う。
嗚呼、、とため息。 まだまだ我慢!!
                                    、、、職人K
EDIT  |  21:26  |  日記  |  Top↑
2012.02.15 (Wed)

Mac と曲線美

              macと曲線美

このたび出来上がりましたやじろべえメガネは、
アンティックシルバー色、やや大きめな丸の42ミリサイズです。 
御依頼の方から、
早速、御自分の愛用のパソコンの上に置かれたやじろべえの写真をいただきました。
題して、「アルミ削り出しのユニボデイMacに映えるやじろべえの曲線美!」と。
本当にいい感じで、素敵に映えます。 
長い間、待っていただきまして 本当に有難うございました。
EDIT  |  19:45  |  めがね関連  |  Top↑
2012.02.14 (Tue)

来助爺さんのこと

                        刀鍛冶

島崎藤村の作品、「眼鏡」の中に登場する人物の中に、
来助(らいすけ)爺さんなる重要な人物がある。
かなりの腕の刀鍛冶の職人であったが、
江戸から明治の時代へと変わり、刀剣の時代も終わりを告げた。
それまで、武士ならば、脇に大小二本は必ず差していた刀が、全く必要の無い時代となる。
多くの刀剣職人が職を失い、その多くが古い名刀の贋作を作るなどして生活を支えていく中、
来助爺さんだけは、そのようなことは頑としてせず、
おかみさんをも娶らず、百姓の鍬や鎌などこしらえながら、
気の向いたときには自分の好きな刀を打つという具合に、
細々ながらもひっそりと暮らしていた。

「眼鏡」の主人である旦那は若い歳ではあるけれど、
歳のかなり離れたこの来助爺さんに、
その人間性、人物そのものに、大変深く惹かれるものがあった。
これも、旅の出会い、人と人との不思議なめぐり合わせだろうか、、
江州(今の滋賀県)にある来助爺さんの家までわざわざ訪ねて、刀の話をいろいろ聞いたり、
また宿へ来てもらって食事を御馳走したり、親交を深めることになる。

 旦那はお爺さんのことが好きに成つて、今度は自分一人で鳥居川村へ訪ねて参りました。
 お爺さんの家には古い刀鍛冶のことを書いた本もありました。
 お爺さんはそれを取り出して来て旦那に見せました。
 その本の中にはいろいろな古い刀の図が出て来る、出て来る、幅の広い刀もあれば、
 狭いのもある。刀には焼き刃の「乱れ」といふものがあることをお爺さんは話しました。
 それを見れば斯の刀は何時頃に出来たものだかといふことが分かると言ひました。
 成程、お爺さんが出して見せた本には、古い刀で焼き刃の模様の華やかなものもあれば、
 すなほに飾りの少ないのも有りました。
 急に、私の鼻の先へ、
 「ピカッ」
 と来るものがありました。
 お爺さんは自分で打った長い刀の白鞘(しろさや)をはらって旦那に見せたのです。
 その刀の焼き刃のところを見て居ると、丁度海の岸へ潮が寄せたり返したりするやうに
 見えました。
 「私の刀は外貎(みば)はさう好(よ)かありません。
  そのかはり切らうと思へば、ほんとうに切れるつもりです。」
 とお爺さんは言ひました。


来助爺さんとのことは、旅の大きな収穫、一番の良き思い出となった。
東京の、旦那の部屋の壁には、来助爺さんに記念に書いてもらった書が今も飾ってある。

 マア、来助爺さんはどんな人だと言つたら好いでせう。
 ホラ、皆さんが御清書をする時に、重いケサンを紙の上に置くことが有りませう。
 あのケサンを置きさへすれば、どんなに風が吹いて来ても、軽い紙の飛ぶやうなことは
 無いでせう。丁度来助爺さんはあのケサンのような安心を与へる人でした。
 六十いくつに成るまでチントンチントン刀を打って来た彼(あ)の老人の顔を
 見たり声を聞いたりするばかりでも、何となく安心させるやうな人でした。 
 身には美々しい着物も着けず、胸には勲章も飾らず、
 一寸見たところはお百姓か何かのやうな粗末な服装(なり)をして働いていましたが、
 しかし逢って話をして見ると、一生忘れることの出来ないような力のある人でした。
  日が暮れて行けば、ガヤガヤ騒いで居た小鳥の声も沈まるやうに、月日が経つにつれて、
 旅で見たり聞いたりしたことも段々沈まつて行きました_
 その旅で見たり聞いたりして来たことの奥の奥の方に、何が一番後まで残つたかといふに、
 矢張りそれは黙つてお百姓の鍬(くは)を打つて居たあのお爺さんのことでした。 


                         刀

そんなある日、来客がある。
なんと、あの来助爺さんが上京してこちらに来ているのだという。
名刺代わりに持参したという自作の小刀には、
来助爺さんの、江州の膳所藩のお抱えであった、かつての刀鍛冶の名前、
「胤吉(たねよし)」の銘が入っていた。
時がまた過ぎ、戦争とともに、再びまた良く切れる刀が必要になり、
来助爺さんの技術が必要とされる時代が来たのだということだった。

眼鏡は、主人である旦那とともに旅をして、
思い出深い旅の一部始終をすぐそばで見聞し、旦那と一緒になって経験したのだった。
眼鏡は、単に美しい風景などのみならず、
旦那とともに 人の生き様、人と人とのつながり、
人の真(まこと)をも見ることが出来たようだ。
作者は、そちらのほうをテーマとして描きたかったのだと思う。
童話作品とはいえ、島崎藤村はやはりさすがだとつくづく感心する私だった。

                                       、、、職人K
EDIT  |  17:03  |  学問  |  Top↑
2012.02.12 (Sun)

島崎藤村、「眼鏡」

                        来助爺さん
                                  旅の道中で知りあう来助爺さん

  (一)

眼鏡が斯様(こん)な話を始めました。
私はもと東京の本郷切通坂上にある眼鏡屋に居たものです。
その眼鏡屋の店先に、他の朋輩(ほうばい)と一緒に狭いところへ押込められて、
究屈(きうくつ)な思ひをして居りました。そして、毎日々々欠伸(あくび)ばかりしながら、
眼鏡屋の隠居が玉を磨る音を聞いて居りました。
 ある日、二十一二ばかりに成る年の若い男の客がその眼鏡屋の店先に来まして、
好(よ)さそうな眼鏡を見せて貰ひたいと言ひました。眼鏡屋の隠居は慣れて居ますから、
いろいろなものをそこへ取出して、客に見せました。その度に私の朋輩はかわるがわる
箱の中から取出されました。御承知の通り、私達の球には皆な度というものが有ります。
その度によつて、厚いのも有れば、薄いのも有ります。客は自分の眼に好く合ふのを
買ひたいと言って、いくつもいくつも掛けて見ましたが、私の朋輩は皆な落第でした。
そこで今度は私が取出されることに成りました。
「旦那、これは如何(いかが)です。斯の眼鏡なら、丁度貴方には好さそうですよ。」
と隠居が言って、私を布で丁寧に拭いて、客の手に渡しました。
、、、 、、、
「成程、これはよく見える。」
と客は大変喜びまして、隠居にお銭(あし)を遣(や)つて私を買ふことにしました。
 御蔭で、私は究屈なところを出て、客の鼻の上へチョンと乗つかりました。
まあ、何といふ廣々とした世界でせう。 それまで私は薄暗い究屈な箱の中に居て、
太陽さまもろくに見なかつたのですが、太陽さまが射して来ると、にわかに私は
ピカピカ光りました。心地の好い風も私の方へ吹いてきました。
客は大喜びで、向ふの屋根を見れば屋根もよく見えるし、遠いところの町を見れば
町もよく見える、湯島の天神さまの境内へ行つて、上野の公園の方を見ると、
ずっと向ふの森もよく見える。高いところをカアカア鳴いて通る鴉(からす)の形までも
ハッキリと見える。
「ああ、よく見える。好い眼鏡だ。」
と客は私のことを大層褒めて呉れました。
 その日から、私は斯の客を自分の主人として、何処へでも一緒に行くやうに成りました。

  (二)

ここで私は旦那のことを一寸(ちょっと)、皆さんにお話したい。
旦那のお友達と言へば、いづれも若い人達ばかりでしたが、
中には旦那と同じやうに近眼のお仲間もありました。
そのお友達が旦那の顔を見て、
「好いのを奢(おご)りましたね。」
と私のことを左様言ひました。
、、、  、、、  、、、

                     島崎藤村、「眼鏡」より、冒頭部分(原文)抜粋
EDIT  |  11:22  |  学問  |  Top↑
2012.02.11 (Sat)

島崎藤村、「眼鏡」から

島崎藤村、眼鏡

めがね

昨年、「眼鏡」 と題する、貴重な本を頂戴した。
1913年(大正2年)、島崎藤村の作品。
贈って下さったのは、滋賀県は長浜にある古書店の方。
「この本は、ぜひ、プレゼントしようと思ってましたよ!」とうれしい言葉。
古書ならではの、味のある素敵な装丁に見とれながらも、すぐには読めないでいたが、
ようやく少し開いてみる時間がおとずれた。

「文学とはかくなるものか、、とはじめて思った」とだれかが感心した作品というが、、
なるほど、主人公は、自分を購入してくれた主人である旦那の鼻のうえに乗っかって、
その旦那とともに諸国を旅し、各地でいろんな人物と出会うことになる眼鏡そのもの。
今で言う、そのめがねクンなる者から見た旅の道中記だ。
時代が、江戸から明治に代わり、世の中の大きな変動とともに、
そこに暮らす人々の生活も大きく変わる。
そんな時代に生きる、当時の人々の人物像が、ありありと伝わってくる。
今の時代から見れば、人口もかなり少ない時代であると思う。
何もかもが、今よりのんびりとゆっくり時間が流れているように思われて、
その時代に生きる人々がちょっとだけうらやましくも思われた。

こうして、眼鏡や猫など、、人間以外のものを擬人化して、
それに豊かな感情を持たせて描く方法は昔からよくある方法だが、、
眼鏡に、というのは初めてではないかと思う。
思えば、眼鏡が、お店の数ある眼鏡の中から選ばれて、それぞれのお客さんの元に行き、
それを掛けて下さる方と一緒に 日々暮してゆくことになるのだから、
メガネにとっても、それぞれの人生が始まることになる。
一回掛けてもらっただけで そのまま部屋の片隅に置かれっぱなしになることもあれば、
主人に大層気に入られ、なくてはならない重要なパートナーになる場合もある。
作る側としては、
後者のほうが有難くて、製造者冥利に尽きると思われるが、、
眼鏡にとっても さまざまな人生が待ち受けていることになる。
私も、メガネになって、ひとつ、その旅行記なるものを現わしてみたいとも思った。

                                        、、、職人K
EDIT  |  20:30  |  学問  |  Top↑
2012.02.05 (Sun)

春遠からじ

                        日野山を望む


暦の上では立春だというのに、
ここしばらく雪がずっと降り続き、本当に寒い日が続いた。
こうも寒く冷え込むと、だれでも、身体はともかく、
ココロのほうまでも硬く閉じてしまうような気がしてくる。

今日は積雪もひと休み、久しぶりに暖かな日差しのある休日となった。
滅多にないこんな日には、外の空気に触れて気分転換をするに限る。
あたり一面真っ白となった、日野川にかかる橋の上に立って見た。
遠くには、越前市にある日野山がくっきりと拝める。
日野川の水面では、今までジッと動かず固まっていた鳥たちが、
今日は思い思いに動いている。

来週の中ごろからは再び強い寒気がやってきて冬が続くと聞いてはいるが、
今日の日のような穏やかな風景を眺めていると、
春遠からじ、、、 本当に、春はすぐそこまできているような気がしてきて、
何かうれしくなってきた。
もう少しの我慢、
暖かな春になれば、花の蕾が開くように、
鳥も人も、、何もかもが 自由に解き放たれるだろうか。

                                    、、、職人K

EDIT  |  22:30  |  日記  |  Top↑
2012.02.02 (Thu)

博士もビックリ、小さな丸メガネ

29ミリの小さなめがね
 「こりゃあ、私も ひとつ かけてみたいメガネだねぇ!!」 と、恐竜博士


長い間待っていただいていた、黒色の小さな丸メガネ(29ミリ) が、
御依頼の方の元にへ 本日やっと届きました。
「カッコいい眼鏡になった!」と喜んでいただき、ホッと一安心です。
有難うございました。

EDIT  |  21:46  |  めがね関連  |  Top↑
2012.02.01 (Wed)

今日から2月

                                                               、
     大雪、梅園
                              近くにある梅園の木々に積る雪

      今日から早2月。
      毎日あれこれありながらも、アッという間に時間が過ぎていく。
      今年もまた昨年同様、この時期は、この冬一番の大雪となっている。
      柔らかな雪が木々の枝に積もった風景は、とても美しい。
      しかしながら、その度が過ぎるとまた本当に困ったことになる。
      「美しい」 から 「戦い」へと変わっていく。
      どうか、これ以上の大雪にはなりませんように、、、
      そんなふうに祈るのは、雪国に暮らす者は 皆、同じ気持ちだと思う。

                                      、、、職人K

EDIT  |  21:50  |  日記  |  Top↑
 | BLOGTOP |