FC2ブログ
2011年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
2011.03.03 (Thu)

ひと足先に花の風景?

花さかり3
                         ソメイヨシノの街路樹に

花さかり2
                           若いもみじの木にも

しばらく暖かな日が続いたのに、昨晩から冬の気温に逆戻り。
朝起きたら、見事にまた雪が積もっていた。
ただし、柔らかな赤ちゃんのような春の雪。
朝、仕事で街中を通ったら、まだ花の季節には1か月はあると思うが、
満開に咲いたサクラの花と見間違うような風景があった。とてもビューティフル!!
自然はある時 魔術師のように私たちをワクワクさせてくれる。

今日は3月3日桃の節句、雪のちらつく肌寒いひな祭りの日となったが、
週末にはまた暖かな日になるということで、
まさに三寒四温の日を経て、
やがてホンモノのサクラの季節到来となりそうだ。
                                      、、、職人K

EDIT  |  18:54  |  日記  |  Top↑
2011.03.03 (Thu)

海外ニュースから

新聞記事
                  新聞記事(ロイター共同)より

世界の隠された真実を次々と流出し続けるウィキリークスサイト。
それなら、ウィキリークスの創設者、ジュリアン・アサンジ氏そのものの「流出」もタノム!!?
とばかり、それぞれが仮面をつけて、
英国大使館前に集まったのは、アサンジ容疑者の釈放を求める支持者の面々。
昨年暮れ、スペインのマドリードでのこと。
そんな場面の写真が 海外こぼれ話ニュースとして、昔の新聞に出ているのを今日みつけた。
( ※ アサンジ氏はその後保釈の身となった。)
それぞれのカードには、「FREE ASSANGE」と書かれている。
外国の人は、何をするでも なかなか面白いといつも思う。

昨年、最大のニュースは、何といっても 国際内部告発サイトのウィキリークス。
超大国アメリカの外交公電など重要秘密情報を次々と暴露したことの影響はとてつもなく大きい。
白日のもとに晒されることになった真実を、、世界中の人々が知ることになった。
しかも、一国のことに限らず、世界のあらゆる国々のことが。
北アフリカの一国から火の手が上がった、独裁政権に対する民主化要求の抗議デモは、
アッと言う間に、中東から全世界へ拡がりつつある。 真実を知った怒りの声ともいえるという。
しかも米国国内にまで、中央政府に対する抗議デモが起き始めている。
識者は、21世紀は透明な時代で、真実がオープンになる流れはとても喜ばしいことだという。
まさに 人々にとって、政治の「春」であるという。
万人が皆平等に真実を知る権利があるのだとしたら、その面での功績はとても大きいと思う。

別件にてスエーデン政府から逮捕状が出ているアサンジ氏、
近く英国政府からスエーデン政府に身柄引き渡しが行われるようだが、
その後 どうなるのだろうか。
米国にとっては、何が何でも拘束したい人物だろうと思われる。
そちらのほうの国と国との秘密の取り交わしはないのだろうかと、だれもが気にかかるところ。
それこそ、自身のサイトで真実を流出することが出来たならすごいことだと思う。

いずれにしても、世界中に支持者の多いとみられるこの人物、
今という時代が生み出した、ビッグな時の人であることは間違いないようだ。
  
                                      、、、職人K
EDIT  |  07:20  |  社会経済  |  Top↑
 | BLOGTOP |