FC2ブログ
2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
2008.05.13 (Tue)

中国で大地震

空、そら、SORA


 中国で大地震。 ジャイアントパンダのいるという、内陸部の四川省だ。 つい先日 訪日の日程を終えて帰国したばかりの胡錦涛国家主席であるが、対応に大変だと思う。 報道によると、これから犠牲者はかなりの数になるという。 被害の映像など見ていると、気の毒で見ていられない。
 ついこのあいだは ミャンマーを大型サイクロンが襲った。そこでも 被災者の数は1万人とも2万人とも言われている。いまだ救援物資も届かず、実態の把握さえ出来ていないようだ。
 自然災害というのは、本当に恐ろしい。 そして いつ どこにでも起きうる。 明日はわが身だ。
それゆえ、何ごともなく静かな朝を迎えられる日々の暮らしが、無事にいられることが、どんなに有難いことであるか つくづく思う。 何ごともないということに感謝しなければならない。
何かあるたびにそう思うけれど、そのうち すぐに忘れてしまって、日常の些細な事にぶつぶつ文句を言ってたりしているのがなさけない。

 いつも思うのだけれど、天は、神さまは、地球上の私たちに 突如として きびしい試練を与えなさる。そして犠牲になるのは、ごく一部の不運な、罪なき善男善女である。 なにゆえにこんなにひどい目に、といつも思う。
 昨年は、新潟で大地震があった。 世界一の、最強のレベルに設計された、原子力発電所の施設の真下であった。 まるで、それをためすかのごとく、震源地がすぐそこだった。
 中国では、各国ではげしい抗議行動をうけての聖火リレーをやっと終えたばかり。北京オリンピックの成功に向けて、何が何でもという気持ちで進んでいる最中である。 ここへきて 抗議行動よりも、想定外の大地震が起きてしまった。 何万人という被災者の数、また大規模な被害状況、報道を見ていると、正直言って、 オリンピックどころではないような状況になってしまったように思う。
 ミャンマーではどうだろう。中国と同じように、永井さんを含む、民衆を武力でおさえて 国際社会から経済制裁をも含む、非難の声にも屈しなかった、今の軍事政府である。

 最強の設備の原子力発電施設、急成長の強大国の中国、軍事力でのミャンマー政府、、いずれも力があって、恐いもの知らず、の様相だった。 しかしながら、本当の敵は、本当の困難なものは、 いつでも意外なところからやって来るものであるとつくづく思う。 かつて無いような、こんどの大災害である。
国際社会もこれから救援に向かうだろう。ここは チベット族の人も多いと聞く。
どうか、これを機会に、お互いにカをあわせて助け合い、この困難を克服してほしい。
そして じゅうぶん対話をしながら、明日へのより良き関係へとつなげてほしい、と心から願っている。
私たちは 天からみれば この地球上に住まわせてもらっている、同じ地球人なのだから。  
                                                       職人K

れんげ畑

EDIT  |  21:30  |  社会経済  |  Top↑
 | BLOGTOP |