FC2ブログ
2007年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2007.12.10 (Mon)

ある写真の肖像から   北大路魯山人

20071209102904.jpg
さびしげな表情の魯山人

北大路魯山人、1883-1959
料理、書、篆刻、絵、陶器、漆器、あらゆるものをこなし、美的生活を指揮するもの、美の発見者、美の名プロデューサー、アートデレクター、、、と言われる。
その評価については 様々な意見があるが、、
私は 何をしてもさすが、なかなかのものだと思う。
何より 趣味がよい、と思う。センスが違う。

 天才の天才たる所以は 質、量ともに他を圧倒していることだと、ある人はいう。
そういう意味では 魯山人はその資格があるという。
ピカソは十万点、魯山人は二十万点の作品を世に遺したということだ。

 自身の服装もなかなかおしゃれで 襟なしシャツとサスペンダー、そしてこの丸メガネ、はいつものお得意のスタイルであったらしい。
 晩年渡ったアメリカ、ヨーロッパの旅行[招待]では 自作約500点を持参、アメリカなど各地の学校、美術館に寄贈したということだ。魯山人の作品は 海外にもかなりあると聞いたが、
フランスで買った、チェックのシャツは中でも気に入りだったらしい。     職人K
EDIT  |  00:01  |  めがね関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |