FC2ブログ
2007年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2007.11.17 (Sat)

焼き物の魅力と鑑賞

 焼き物は 太古以来存在する、土と火という原始的なものによって産み出される。
そしてその出来様は 神のみぞ知る、と言われるように
土と釉薬、火の温度によって、その組み合わせいかんで いかようにも変化する。
今までの経験の積み重ねによって ある程度は想像できると思うが ちょっとしたことで全く違う出来になってまうことが多いという。
 それで すでにある傑作、いわゆる名物と言われる物は 作り手のかなりの経験、努力、研鑽の積まれた結果によるものと想像される。
当然 それの芸術的価値、また金銭的価値というものは高い。
古のものとなれば もう作り手は存在しないのだからなおさらだ。

20071116210859.jpg
志野茶碗、職人M作

 安土桃山時代になると それ一つが一国の領土にも匹敵するような価値あるものと見られた時もあった。 もちろんそれには理由があったと思うけれど 自由都市、堺に育った、日本の誇るべき 茶の湯の文化が背景にある。 武野紹鴎、千利休など すぐれた茶人の多くは堺の町衆である。 焼き物の中でも 日常生活に使う、つぼやかめ、食器の類ではなくて いわゆる、茶陶において その芸術的価値、見どころを見出すようになったと思う。 そして茶の湯の文化は 今なお続いている。
 私も若い頃 人並みに茶道を習得しようと始めてみた。ただし長くは続かなかった。 作法に始まり 形式を何より重んじるようで 一期一会はわかるけれど 精神的なものが伝わってこなかった。 また若いから 茶を喫する、という楽しみまではわからなかった。 若いときは 箸が落ちてもおかしくて仕方がない、という具合だったから なおさらだ。
 
EDIT  |  22:00  |  学問  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |