FC2ブログ
2007年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2007.11.15 (Thu)

岐阜県可児市へ  to tell the truth、 織部の絵から

 20071115124458.jpg
 織部のぐいのみ、現代

「本当のことを言うとね、ぼくはね、何だな、桃山時代の陶器はね、特に 織部なんかはね、はじめて日本に入ってきた、ヨーロッパやアフリカなんかのね、南蛮文化の影響がね、とても強いと思うんだね。シナや朝鮮じゃなくてね、それで、、美濃だ何だ、なんて言っていないで 世界の中の ヨーロッパの文化の流れてきた、そしてそれを取り込んでさ、実際にやってみた、自由なのびのびとした表現、その結果としての織部、をね 世界規模の文化遺産としてさ、とらえなくてはいけないと思うんだよね、それで 本当のこと言うと、ヨーロッパから来るときにアフリカの人なんかも乗せてね、、それでやっぱりまた アフリカの空気というか、文化をさ、、一緒に乗せてきたと思うのね、、いろんなことが影響していると思うのね、、それで本当のことを言うと、、]   と、 いうふうに、可児市の知人に案内されて訪問させていただいたお宅で 何かわからないまま家の中へおじゃまして そして 「 どうも、どうも、、]から始まり いきなり 美濃の織部の絵柄についての独自の見解を述べられることから またまた新たな人との出会いが始まった。

知人によると 現役の陶芸作家である氏はちょうど還暦の60歳、現在、この美濃の地で 黄瀬戸における第一人者であるという。
雑誌やテレビにも何回か出ているとのこと、やはり 桃山陶の黄瀬戸に魅せられた人であった。

EDIT  |  18:27  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |