FC2ブログ
2007年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2007.07.06 (Fri)

別れのとき  [大和魂なる人]小林秀雄

辞世の歌についてから始まる、小林秀雄の講演より

宣長さん[本居宣長のこと]の先生は 契沖という人です。
宣長さんが京都にいたとき 契沖の[勢語臆断]を読んで、
在原業平の歌、業平の死ぬ前に詠んだ歌、

「 つひに行く 道とはかねて聞きしかど 昨日今日とは おもはざりしを 」

という歌です。 人間というものは 生きているうちはウソをついたり、つまらないことを言ったりしても仕方ないが 死ぬ前くらいは 本当のことを言え、 ところが 茶を飲むやつは皆 辞世の句とかいって 死ぬ前に歌をつくって悟りがましいことを言って死ぬんだ、いつわりをあらわして死んでいく、ってんです。 そして この歌は大変いい歌だといって 書いてあるのを 宣長さんが読んで感動したっていうんです。 青年時代にね。 晩年に[玉勝間]に思い出して書いているんです。
その時、契沖のことを [大和魂なる人]と呼んでいます。
そして こういう歌が 実にいい歌だ、と思うような人が 大和魂のある人というんです。
こういう歌はね、君、おわかりでしょう? 読んで字のとおりです。
これはひとつの悟りですよね。 それで 人間のまことですよね。
また 人間、ただ、まことを言っただけじゃないですよ。
これはひとつの悟りです。 ユーモアさえあるでしょ。 笑いさえありますよ。
それで 苦痛はないね。 これは悲しい歌じゃないですよ。 
これはやはり自分の死ぬことに勝った人の歌です。 死ぬ事が何でもなくなった人の歌です。
しかも この表現はだな、ちっともえらそうなところがないでしょう?
こういう歌が書けるということ、大和魂がある人でないと書けないんです、と、そう言ったんです。
そうするとね、、、、、

   と、 昨日 こんなところを思いだしました。

                                                  職人K
EDIT  |  21:14  |  学問  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
2007.07.06 (Fri)

別れの日

 昨日、今日と親戚の人のお通夜、お葬式がありました。98歳でした。
ずっと病院ではあったけれど 春までは元気でした。それが体調をこわしてから具合が急にわるくなり すでに1ヶ月前に お医者さんから覚悟をしておくようにとのことで 多くの人が最後のお見舞いに行きました。ところが 長生きをする人の体というものは やっぱりそれなりの強い体なのであって奇跡的に回復、そのおかげで遠くにいる義妹も何とか お見舞いに間に合うことが出来ました。元気そうにみえたその日の晩、状態が急変、そして今日の日の結果となったのです。
 義妹によると 最後の言葉は、
[よく きてくれたなぁ、、、有難う、、]またすぐ来るからと言うと、
[こんど、という日は もう ないわな、、、]
[もう こうやって寝ているのがいやになったで、、、]と、そして
[その黄色い服、よく似合っている、、]と穏やかな顔で はっきりした言葉で言ったそうです。
 義妹は遠くにいるにもかかわらず 来ると必ず病院をたずねては はげましたり、またある時は特別仕様の車まで借りてきて外の景色を見にドライブに誘ったり 献身的な看護ぶりでした。子供のころから ずっとそういう大事な間柄だったのでしょうが そばて゛見ていても 頭が下がる思いでした。
 1ヶ月以上も 奇跡的に安定していたのは これはもう、義妹を待っていたとしか考えられません。
 98歳というと 長い年月です。若い頃からいろいろ苦労をしたと聞きますが どんな人にもそれなりの長い歴史があることでしょう。それとはうらはらに 最後は実に淡々と、あっけなくといえばそれまでですが 聞いてみると
涙が出てくる話でした。

職人K
EDIT  |  00:14  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |